トポアスレチック ファントム200km走ったレビュー!

おはようございます。

ビワイチで200km走ってきたトポアスレチックのファントム。

トポアスレチック ファントム

トポの特徴はアルトラの様な幅広のトゥーボックス。ファイブフィンガーを使った創業者が作ってるっていうからゼロドロップかと思ったらこのファントムは5mmドロップ。

私の好みのドロップ。

バネがあるシューズと言うよりかはコロンコロンと転がっていくイメージ。

トポアスレチックのラインナップの中で最もクッションが分厚くウルトラ向きのシューズと言う位置付け。

履いた感覚として、ホカクリフトンとの違いは柔らかい場所です。

クリフトンはミッドソール全体が柔らかい。これは好みに個人差があり柔らかすぎって思う人もいると思います。私は好きですけど。

トポアスレチック ファントムの柔らかさは足裏が接地する部分が柔らかい。その下のミッドソールは硬さが程よくあり柔らかすぎない。

シューズ自体もカッコいい。

かかとは分厚くフィットが良くなってる。

しかし、これは個人差あり。私は足幅が広く靴紐をしっかり結ぶと足が痺れる。だから緩く結ぶんですが、そうするとかかとのクッションに負けて足が前に出てくる。

結果的に足先が刺さりやすくなります。

左の親指から少し出血。

関係ないけど、体毛は少ない方だけど何故か足には良く生える。笑

サッカーしてたからかなー?笑

アウトソールの耐久性は他に比べて良い。かかとからガシガシ走るシューズではないので減りも軽減されてるのかも知れません。

ビワイチ200kmを前回はホカクリフトン6ワイド。今回はトポアスレチックファントムで走ってきました。

両方とも問題なく走り切ることができました。

足の残り具合としては、ホカクリフトン6の方が余裕があり、ラストスパートをかけることも出来ました。

クリフトンは幅問題があり、ワイドにする事でかなり軽減しました。さらにむくんだ時はヤバいかも。

ファントムは爪先問題があり、サイズアップで良いかも知れないけど手に入れにくく試し履きが出来ないので難しい。しかも、29cmとなると躊躇する。笑

とはいえ、どちらも200km走る分には問題なかったわけで、十分ウルトラシューズとして、クッション性と軽量性を兼ね備えたシューズだと思います。

ガビオタ2ワイドとかボンダイワイドも気になる。重くなるけど、バナナみたいなクリフトンよりも良いかまされないなーって期待してます。

こっちは履ける店もあると思うので履いてみたい。ちなみに量販店では28cmまでしかより扱いがありません。泣

[トポアスレチック] メンズ シューズ スニーカー Phantom [並行輸入品]
Topo Athletic(トポアスレチック)
[トポアスレチック] メンズ ランニング Terraventure 2 Trail Running Shoe – Men’ [並行輸入品]
Topo Athletic(トポアスレチック)

膝の神『ひざ小僧』1日1ポチ

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ

facebook   プロフィール

お使い中のトレラン用品のレビューのご協力をお願い致します。トレイルランナーのトレイルランナーによるトレイルランナーの為のサイトです。リンク大歓迎です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です