メスティンで米を炊く

スポンサーリンク



おはようございます。

娘と2人で自宅でキャンプごっこが流行っております。

少ししか時間がなくてもちょっと火起こししてソーセージだけ焼いてキャンプごっこしてます。笑

家庭菜園が終わったらそこでやりたいと思ってます。

真冬の1月と2月が誕生日の子供達も当日どうしたいか聞いてみたらキャンプしたいとの事。

娘に至っては要領を掴んでるので屋根が欲しいとか贅沢言い出す始末。笑

きっとこういうのであったかくしろと言いたいんでしょう。私も嫌いじゃない。笑

セールのタイミングで考慮しましょう。

今回の話題はメスティン。

黒いはんごうのイメージが強いですが、今はこんな弁当箱みたいなやつになってるんですね。

コメだけじゃなくて色々用途はあってこっちの方が便利らしい。

今回は2合炊きました。

最初はこんな感じでやってみる。

全く沸かない。笑

結局焚き火台に乗っける。

最初なんちゃら中パッパってあったと思うけど完全に無視!

炭の燃焼しだい!

娘とじーっと見てたら蒸気が吹き出します。

うーん。いつ出来るのかわからない。

そしたら、「娘がお茶の匂いがするー」って。

これは、おこげができ始めた匂い!?

早速見様見真似でパンパン叩いてオープン!

やばー!

ちょっとパサッちゃったけど上手すぎです。

おこげもいい感じでした。

娘も満足。2人してお茶の匂いがミソですなぁ〜とコツを掴んだ土曜日でした。

庭ですけど、キャンプごっこ楽しいっす。

焼き芋うますぎ〜。

膝の神『ひざ小僧』1日1ポチ

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ

facebook   プロフィール

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です