低酸素の効果について

スポンサーリンク



おはようございます。

低酸素って効果あんの?って思いますよね。

私も通いながらも思ってます。

低酸素は気圧の変化はないので高山病対策としての練習は出来ません。

逆に高山病のリスクなく低酸素のトレーニングが可能です。

私はまだ3回しか通ってませんが、普段走ってて呼吸機能が上がってる実感はあります。

後はあまりわかりません。そもそも私は速く走るとすぐにハァハァなるし呼吸機能はランニングにおいて高くなかったので伸び代はあると思ってます。

学生の頃走り込みをすると自分でも実感するほど早熟型で呼吸機能が上がるのは元々早い印象があり低酸素でも同じような感覚です。

低酸素ルームに入ると5分毎にSpO2を測るのですが私はすぐに90%を切ります。しかし、隣で走ってる知り合いは走っても90%台をキープしてます。

その後の推移を見ると私は強度を上げても80%くらいで止まります。個人差があるみたいですが、よくわかりません。

大した強度でもないのに、とにかく汗の量が凄いです。30分で2時間の運動相当らしいので自短ですね。

時間は金で買えないと思ってましたが、買えました。笑

仕事帰りに時間があれば30分練習して帰る。そういう意味で続けていけそうだと感じています。

効果については、これ以上期待し過ぎても落胆するだけかもしれないので続けていって改めて振り返っていきたいと思います。

昨日スタッフさんに聞いたら週2回程度1時間走ったらハーフのベストを大幅に更新して90分切りしたらしいです。笑

速すぎ。

それだけ呼吸機能には効果が期待できそうですね。

興味のある方は是非〜。混んだら困るので私のところには来なくて結構です。笑

膝の神『ひざ小僧』1日1ポチ

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ

facebook   プロフィール

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です