登りが少し楽になる気がする走り方

スポンサーリンク



おはようございます。

最近そんなに練習が出来てない割に登りが走れるようになって来たような気がするので今の気付きについて共有させて頂きます。

決して正解と言うものではなく私の感覚であり、私自身もすぐ変わるかもしれませんので悪しからず。

最近は低酸素にも通ってるしどれが良くて登りが走れるようになってるのか分かりません。ただ、これをやるのとやらないのとでは辛さが違うのでたぶんこのコツのおかげかなーっと。

『呼吸』の話

登りの時の呼吸の重要性。

吸うのは意識しなくても吸えますが吐く事は足りてない事が多かったりする。

よく吐かないと吸えないのです。仕事柄、薬剤師の先生方にも良く伝える事だったりします。

だから登りの時意識するのは吐く事です。

私が一番心地よいリズムが「(1)、2、3、4、ハッ!」と言うリズムです。

(右)、左、右、左、ハッ!って感じ。

リズムは自分に合ったリズムで良いと思いますが、リズム良く吐く技術。笑

左右はどちらでも良いですが、決めた足の2回目でハッと息を吐く。小さな声が漏れる程度で意識して吐きます。

このリズムで登りを走ると意外と楽に登れるようになってます。

もちろん傾斜によって違います。

ちゃんと息を吐かないと無酸素運動になり、力は出せますが持久力には難ありですよね。

また登りのフォームも重要で重心の下に着地、小股、押すイメージが出来てることが条件になります。

このリズムをやらずにパワーウォークでガシガシ歩いてみたけどめちゃくちゃキツかった。

だから、たぶん今のところ効いてる気がします。

現状のご報告でした。笑

膝の神『ひざ小僧』1日1ポチ

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ

facebook   プロフィール

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です