インナーファクト 新商品モニター

スポンサーリンク



おはようございます。

もうすっかり秋ですね〜。

そろそろウェアも長袖になってくる頃ですね。

インナーファクトの靴下は薄いにも関わらず耐久性が高い。

そんなインナーファクトから秋冬モデルとも言えるし、登山用とも呼べるメリノウールが編み込まれた少し分厚めのソックスが開発中で御座います。

先日の記事のこれね。

インナーファクトが新製品開発中!

早速モニターさせて頂きましたのでその感想などを率直に述べたいと思います。[あくまでも幅広、かかと細い個人の意見です。]

製品化するかも分かりませんのであしからず。笑

初日は天気も良く昨日の記事にした音羽山へ。

天気が良く暑かったものの蒸れについてはそれほど感じず、分厚くなった分クッション性も向上。足に優しくなった印象。

テラカイガー5に合わせて使うとフィット感が落ちる。分厚いから仕方ない。私の足の場合幅広なのでフィット感が落ちた分強く紐を結ぶと痺れてくる。結局緩くすると足が靴の中で動くという状況。

というわけでDAY2は同じ音羽山でアカシャ に変更。

アカシャ にこのソックスは相性が良い。

もともとピッタリフィット系シューズではないので問題なし。痺れもなく昨日のテラカイガー5で感じたズレもなくなり快適になりました。

黒に黒で見にくいですが、ソックスの丈が長くなってるので小石がソックス内に入ることもない。

ノーマルのソックスだと隙間ができちゃう。

ここからトレイルを走ってると小石が入る事がある。

秋冬の気温が低くなる時期にはウールの暖かさはありがたい。

しかし、メリノウールは毛羽立ちも気になるところ。

ケバケバ。

ケバブですな。笑

登山用のソックスでも良くあると思いますが表面の毛羽立ちがあります。

表面の毛羽立ちを一度むしると落ち着きます。笑

個人的にはノーマルで十分ですが、登山で長い時間履く時や雪の中を歩く時などはこっちの方が良さげです。

メリノウールと麻の割合についてはまだまだ変わりますので今回の商品がそのまま商品化するわけではありません。

今回のレビューはあくまでも現在の試作品であり今後さらに改良されるかも知れません。

どちらにしても商品ラインナップが増える事は有り難いですね。

膝の神『ひざ小僧』1日1ポチ

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ

facebook   プロフィール

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

年式:1984年製 寸法:180cm 重量:67kg 足長:28.5cm 燃料:固形専用 生産地:京都府 前職:潜水士 現職:MR