トレイルの登りのコツについて

スポンサーリンク



おはようございます。

登りが嫌いなイットンの戯言です。

最近はランニングの時、骨盤を前傾にして走るという感覚をやろうとしてます。

出来てるのかわかりませんが筋肉痛の場所が中臀筋やハムストリングになってるので間違ってはないのかな?って感じです。

そして、小川壮太さんのYouTube動画で骨盤を前傾にして登る!と何度も見た事があります。

きっと毎回同じ事を言ってはるんだと思います。骨盤前傾はロードでやって初めて感覚がわかりつつある為、トレイルでもやってきました。

結果的には良い感じな気がします。

今までは大腿四頭筋やふくらはぎが張ってましたが、今回は中臀筋とハムストリング、左右の腰あたりが張ってます。

正解かは分かりませんが大きな筋肉を使えてるという事は疲れにくいって事ですかね。

私のイメージではゼロベースラボラトリーの高岡さんがYouTubeでおっしゃってた股関節を押し出すイメージが一番しっくりきます。

重心の下に着地したら地面を蹴るのではなく股関節を前に押し出すイメージ。決して蹴らない。

あまりプリケツをしすぎると腰が疲れるし、逆に疲れた時にはできなくなります。小川さんはプリケツで歩幅が広くなるとのことですが、まだそこまで出来てません。

骨盤を押し出すイメージだけなら疲れても出来ます。

あとは、前傾気味の小股で膝から下と腰から上の直線が平行になるイメージで登るとポールの様に押す力だけで登れます。小川さんの動画のイメージです。膝より前に足が出てませんし、押す感覚で登ってる様に見えます。

足を前に出しすぎると大腿四頭筋やふくらはぎで登ることになり疲労しやすいです。

あくまでも登りでも足は重心の下ににつく。

押す力だけで進む。

これで結構省エネになってるんじゃないかな〜って思ってます。

現時点での感想です。

50mくらいの登りなら走って登れる様になりました。(傾斜によりますけど。笑)

上半身と下半身を真っ直ぐにポールになったつもりでイメージしてると私は分かりやすいです。

もうちょっと頑張ってみます。

皆さんの感覚良いのあれば教えて下さい。

膝の神『ひざ小僧』1日1ポチ

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ

facebook   プロフィール

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です