畑の改良工事〜調査編〜

スポンサーリンク



おはようございます。

畑の排水が悪く水びだしになってしまう事件!

とりあえず、直して頂けるみたいですが、プロの方からのコメントでは無理だと。

いや、そこは諦められねぇ。笑

現状把握のため、掘り掘りしてみました。

前回の状態がこちら。

雨の降った次の日。

上に見える白い丸が雨水枡。

水がたまってる所が粘土質で水が抜けない状態です。

まずは地層を調べてみました。

とりあえず掘れるだけ掘ってみた。

「はい、まだまだ粘土でした。」

石も多いし、疲れました。笑

砂地まで抜けない。

地質調査の結果を見ましたが、この位置ではボーリングされてなかったので近くを見ると粘土質層は1mほどあるみたいで、自分で掘るのはちょっと厳しい。

穴掘り器いるよこれ。

暗渠排水で雨水枡まで配管するしかないのか。

あとはプロに任せても良いんですけどね。あーでもないこーでもないやってるのが好きなので楽しんでやってます。

いつになったら植えられるんでしょうね。笑

このまま夏が終わりそう。

こんな感じでどうでしょうね〜。

コンクリートにコア抜いて(ハツるしかないかな)、砂利轢いて配管して砂利乗せて傾斜つけとく感じで。

あとは、畝を高く盛り土するしかないですね。

上手くいくと良いんだけどなー。

膝の神『ひざ小僧』1日1ポチ

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ

facebook   プロフィール

スポンサーリンク



4 件のコメント

  • 写真見る限り、枠は100角の縁石では?ならばトンネルで配管出来ますね。ただ的が塩ビ桝のようですので、接続可能かが問題ですね。それに、暗渠管は思ったほど抜けませんよ。配管はした方がいいですが、盛土を推奨いたします。

    • プロ〜!そうです、縁石の下もブロックが埋まってますがそこから配管は可能っぽいです。塩ビ枡だと接続が難しいんですね。さっき外構屋さんが別の仕事で来てくれてその時に聞きましたが、暗渠するなら表の排水溝まで配管するとおっしゃってました。その場合、手掘りでかなり掘らないといけないので大変ですね。笑 トレーニングだ。わーい。

      • どうも。住宅用塩ビ桝だと直径は200くらい?そこに上流下流の既存管がたぶん直径100でそれぞれつながっているので、接続するスペースがないかも。深さもそんなにないし。道路の側溝ならつなぎ放題ですね。多分凄く硬いので頑張ってください。それよりこの土は農工可能ですか?

        • 枡はおっしゃる通りです。枡の既存配管はL字に配管されてまして畑側は空いてます。元々は農耕可能な土でしたが、今はヘドロみたいになってしまってるので上だけでも入れ替えてもらえないか相談しようと思ってます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    アバター

    年式:1984年製 寸法:180cm 重量:67kg 足長:28.5cm 燃料:固形専用 生産地:京都府 前職:潜水士 現職:MR