ガーミン ForeAthlete945のバッテリー持続時間がおかしいと思ってからの経緯報告

スポンサーリンク



おはようございます。

ガーミン ForeAthlete945がやってきて色々試しています。

一番の945の売りはバッテリーの持続時間。

スマートウォッチモード: 14日間

GPS+心拍: 最大32時間

これが一番ウルトラをする人からすれば魅力的ですね。

実際に使ってみたり、問い合わせた結果を記事にします。

まだまだ使ってみないとわからないことも多いので中間報告です。

スマートウォッチモード14日間

まず、スマートウォッチモードとは何なのか?

私のイメージではスマホとBluetooth接続して、ライフログを取ってる状態。

これで14日間だと思ってた。

しかし、使ってみればちょいちょい触ってるとしても1日で70%まで減っている。

このままだと、3日間です。いくらなんでも減りすぎだ。

何故?

クイックマニュアルを確認してみたら。

なぬ?

最大14日間(ウォッチモード)

「ちょい待てーい!!」

話が違うやろ!

スマートウォッチとウォッチは違うぞ!!

この書き方やとライフログやBluetooth接続はオフという事になりそうだ。

しかし、スマートウォッチモードが何かなんてどこにも書いてない。

昔の235の商品詳細ページにはこうなってる。

時計モード+ライフログ+通知機能+心拍: 9日間

時計モード: 9週間。

非常にわかりやすい。実際9日間ももちませんけどね!車のカタログ燃費か!ってくらいズレてる気がする。

ただ、数日間は充電しなくても大丈夫だった気がする。

てことは、ウォッチモードと時計モードが同じなら945の方が電池が持たないと言うことになる。

まじ?

945のガーミンHPの記載。

スマートウォッチモード?ウォッチモード?

どっちなの?どういう設定で14日間ももつの?

わかりません。

多分、ただの時計として使った場合に14日間なのではないかと思ってます。(この電池の消耗だと。)

945が色々と測定できる機能が多くてバッテリー消費が多いのかな?

ガーミンさん、これはあかんわ。

ちなみに、トレーニングモードで32時間持たせるための設定を問い合わせました。

条件は毎秒測位、心拍オン状態。

平素は弊社製品をご愛用下さいまして誠にありがとうございます。

お問い合わせ頂きましたForeAthlete945 にて【毎秒即位】【心拍オン】の状態で最も長時間ご利用頂ける設定といたしまして、
・バックライト オフ
・スマートフォンとのBluetooth接続なし(オフ)
・GPS設定を【GPS】に設定
・アクティビティ選択後UPキー長押しの【(アクティビティ名)設定】に表示される設定を必要なもの以外すべてオフ

また、トレーニングモードで約32時間の仕様でございますが、毎秒即位となりますとさらに駆動時間が短くなる可能性がございます。
データ記録設定をスマートでご利用くださいますと32時間以上ご利用頂ける可能性がございます。

何卒宜しくお願い致します。

らしいです。

初期設定を確認しました。

データ記録設定については初めからスマートになってます。毎秒測位ではありません。毎秒測位が通常仕様だと思ってましたが、スマートが通常仕様の様です。

違いはこちら。

スマート記録 VS. 毎秒記録

多数のGarminのフィットネスデバイスは、『データ記録』の設定を『スマート』か『毎秒』に変更することができます。

スマート記録とはデバイスが方向、速度、心拍や高度の変更を測定する度にキーポイントを作成する記録方法です。この記録方法は少ないキーポイントと少ないメモリーを消耗するため、より長時間記録することができます。スマート記録はペース、距離、心拍数などのアクティビティのパフォーマンスに影響を与えることはありません。スマート記録はファイルもしくはGarmin Connectに書かれた余分なキーポイントのみを削除します。

毎秒記録は方向、速度、心拍数、高度などの変更の有無に関わらず、アクティビティ情報を毎秒記録します。この記録タイプはより詳しいアクティビティのトラックログを記録できます。ただし、デバイスのメモリー容量がより早くいっぱいになります。

https://support.garmin.com/ja-JP/?faq=s4w6kZmbmK0P6l20SgpW28

これは、ウルトラトラックモードとはまた違う話なんですよ。

GPS+GLONASSに初期設定ではなってるのでGPSのみに変更しました。

バックライトオフについては、夜間見えなくなるのでボタンを押した時だけ点灯に変更しました。

まだ電池がなくなるまで走ってませんので、今度この設定で試してきます。

最悪、普段の生活では充電すれば済むけどトレーニングモードでは24時間はもってほしいところ。

GPSの精度も個人的にはみちびき稼働後からエプソンの方が良いし、バッテリーもこんな調子ならエプソンのMZ-500が一番信頼性は高い。

スマートウォッチモードとは

結局、問い合わせました。

という事でした。

そして、電話サポートに確認しました。

『電池の消耗が激しいんです。泣』

「Connect IQでウォッチフェイス変更されてますか?」

『してません。』(一回富士山に変えてみたけどすぐ戻した。)

「これ変更してると不具合が出ることがあるんです。」

『えっ?』(もしかして、富士山?!)

「一度リセットして確認して頂けませんか?」

『はい!喜んでー!』

というわけで、リセットしました。

トレーニング設定を全ていちからやり直しました。コネクトIQには触れてません。

ちなみに富士山のウォッチフェイスもガーミンが作成された公式ですからね。

結果

リセットした時点で82%。

6時間で10%減少。

翌日も昼12時時点で79%。

日に日に悪化していっている。

富士山は関係ありませんでした。笑

点検、修理申し込みました。

ロットと個人情報を入力するだけでした。

返信があり、不具合の可能性あり。先送りによる新品交換との事。

交換品が届いた時に宅配業者に不具合品を渡して交換との事。楽だけど、先にフィルムを綺麗に剥がすチャレンジしておかないと。笑

あれこれ悩んだけど、あっさり交換対応。もしかしたら、ロットである程度分かるのかな?

失敗したらフィルムまた買わなあかんやん。しかも、次も不具合品の可能性あるからフィルムの無駄遣いもしにくい。ただ、高い買い物だからとことん拘りたい。

初期不良は珍しくない模様。あれこれ、二日間くらいの経緯でした。参考になれば幸いです。

今ふと思いましたが、以前使ってた235Jも新品からログ11時間モデルなのに7時間しかもたなかった。これも初期不良だったんじゃねーの?笑

まとめ

初期不良は少なくないかもしれません。何かおかしいなと思ったらそのまま使わずに問い合わせましょう。

新品製品先送りの判断の速さ、電話での対応共に素晴らしい対応でした。

私はアフターフォローの悪いメーカーは信用しませんが、ガーミンさんは流石、世界一のメーカーでした。

膝の神『ひざ小僧』1日1ポチ

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ

facebook   プロフィール

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です