GPSウォッチの話

スポンサーリンク



おはようございます。

GPSウォッチ戦国時代到来ですね!

正直スントは手を出したことがなく未知数なんですが、良さそうですよね。

コース逸脱防止アラーム機能つきだったり便利そうだし、心拍取らなければかなり長持ちするみたいですね。

私の中でのGPSウォッチの条件

  1. 駆動時間が長い事
  2. 連携アプリの充実
  3. 着け心地が良い
  4. ログ中(中断も可)に充電出来る
  5. アプリの使いやすさ
  6. 安定している事
  7. GPS精度が高い

こんな感じです。

ポラール

今使用中のポラール バンテージMは心拍数の推移が正確でトレーニング向き。アプリもわかりやすく使いやすい。ただ、GPS精度はあまり良くない。日本ではみちびきに対応しているかどうかがやはり重要みたいです。30時間というバッテリーもちですが、そんなにもちそうもありません。一番ネックなのがログの記録を終了しないと充電出来ない。

そして事件は起きた。

GPSの測位が追いつかなかっただけかも知れないけど、他のGPSウォッチでこんな事は起こったことがない。12秒/kmだって。笑

一応ポラール の名誉のために言っておくと、流石にアプリの方では29kmになってます。ただ、スプリットはおかしいし15kmくらいしか走ってません。汗

エプソン

もう一つのGPSウォッチはエプソンMZ-500。なんと言っても46時間(トレッキングモード)のバッテリーもちは凄い。実際にかなり持ちます。また、ログを中断すれば充電も可能。アプリはかなり使いにくいしアプリの連携も少なめ。ヤマレコやストラバ、ランキーパーあたりは出来るが、問題はストラバとの連携はトレッキングモードは出来ないらしい。これは、かなり痛い。そして、私がランニングを始めてから続けているNike+も非対応。そして、撤退らしい。

結果、一番良いのはGarmin foreathlete945じゃねーのか!?ってことですね。

結局です。

正直235を使ってて不満点はバッテリーもちだけだったんですよね。

バンドの着け心地はガーミンが間違いなく一番。エプソンとポラール は硬い。

ガーミンの絶妙なソフティが好きです。

メーカー公認ではないもののログ中でも充電出来なくもない。(途中で止まってたりすることもある。)

縦走に行くようになって周辺地図が見れるのはかなり便利。携帯出してジオグラフィカを起動するのも面倒。

32時間という駆動時間ですが、実際には24時間程度でしょうかね。そんなけもてば殆どの山行で使えますよね。

レースでもそんなにシビアな走りはしてませんので途中エイドで休憩がてら充電出来るし問題ない。

救命信号発信機能も良いですよね。ただ、携帯と繋いでおかないといけないので、それこそバッテリーもちが悪くなりそうです。

というわけで、ボロボロのエプソンは予備機として置いておくのでそれ以外をメルカリ行きにして、ガーミン945を購入致します!

「ポチっ!」

売れたらですけどね!笑

PTAやるかわりに買ってもらえる約束だし?一応元手も用意しておく作戦。

てな訳で購入したら何時間もつのか耐久ビワイチ やろうと思ってます。

ただ、日程がありません。笑

ありがたいことになかなか忙しい。

京丹後ウルトラに向けてのシューズもまだ決めてない。

膝の神『ひざ小僧』1日1ポチ

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ

facebook   プロフィール

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です