大峯奥駈道縦走レポ

スポンサーリンク



おはようございます。

先日お誘い頂いて大峯奥駈道縦走に行って参りました。

地図を購入してチェックしてから行きましたが想像を絶するハードな修験道でした。水場の状況も行ってみないと分からない程細い所が多いです。

山での経験が必要な縦走です。北アルプスなど何度か縦走はしてきましたが、それとはまた違い予定通りに行かない中での判断や対応力が問われます。

しかし、ご一緒して頂いたレジェンドのお二人に助けてもらいながら色々教わり無事熊野大社本宮まで行く事ができました。

最適な時期はゴールデンウィーク後あたりだそうです。

今回の記事は来年以降またやるときの備忘録として記載します。

あんなことやこんな事がありましたが、それは秘密です。笑

ただ、生半可な準備と装備、体力では死を見ます。

大峯奥駈道と準備したものはこちら。

大峯奥駈道縦走準備編

このザックをOMMクラシック32Lに変更しましたが、腰で担ぐタイプのザックで2日間の奥駈をやるには辛かったです。

揺れの少ないベストタイプが良い。

また、食料が足りず2日目の補給がほとんどできないエリア(売店が無い)でガス欠になり玉置神社駐車場食堂までお菓子で繋ぎました。

笠捨山がキツすぎて泣きそうでした。笑

山と高原地図のCTの0.6が限界でそれ以上飛ばす事が出来ませんでした。(タイムマネジメントはレジェンド任せ。汗)

ガス欠の区間はそれが難しく予定を狂わせてしまいました。泣

そんな、大峯奥駈道のレポです。

詳細はヤマレコにアップしましたので、ご確認下さい。

大峯奥駈道

コース

ひたすらアップダウンが続くまさに修行コース。

精神の修行であり、「全てを受け入れる」精神を体得できる。

レポート 「小屋を中心に」

吉野の無料下千本駐車場に車をデポ。

(終わって帰ったら警察から車上荒らし注意の張り紙をして頂いていたので注意してください。)

スタート地点の金峰神社(奥千本口バス停)まで送って頂きました。

いよいよ、ここから修行の旅が始まります。

送ってもらったのでここまでの行程は短縮してます。

時間経過はヤマレコをご確認下さい。

今回は『逆峯』(ぎゃくふ)というやつです。

スタートは朝6時。 

装備の段階でレジェンド達と私の荷物はでかさ、重さが違い過ぎました。

手前が私のザック重くて大変でした。泣

軽さは正義。

装備の軽量化は今回身にしみて感じました。

ちゃんと考えます。

ザックは昨年にbbpを注文済みなので楽しみに待ってます。

序盤から噂の女人結界門が現れました。

横の看板にも今も女人禁制だと、記載されてます。

洞辻茶屋。あまり補給がコース上にはないので、自分で持ってきた食料は温存して食べれるところで食べた方が良い。

私はここで自分の食料を食べてしまい、翌日大変な思いをしました。

いつも、食料はあまる事が多いですが大峯奥駈道はかなり余裕を見た準備が必要だと思います。(重くなり過ぎない程度に)

そして、米の方が腹持ちがよく長く動ける。ただ、重い。判断は難しいところ。

前半は北、後半が南。

北はこのように見晴らしも良く気持ち良いトレイルが続きます。

ついつい、寄り道したり写真撮影していたら時間を費やしてしまい、初日の予定の深仙小屋まで到達出来ませんでした。

水場はこんな感じです。

綺麗な水ですが気になる方は浄水器使って下さい。

弥山(みせん)小屋で休憩。

重要な補給拠点ですが、「味仙」が頭から離れない。笑

東海地方の人からするとややこしい。笑

この小屋は大きいので宿泊も出来るしカップラーメンやパンの補給が可能です。

翌日用の食料を買い足すのもありです。

(売り切れてたら知りません。笑)

2日間でやりきるには手前すぎるのでまだ先を目指します。

そして、深仙小屋まで行き着かなかったので楊枝宿で宿泊しました。

二階建て。ここは、ランタンを持って行っていたので快適な小屋でした。

そうそう!あとゴール後に教えてもらったんですが小屋ごとにペットボトルやタンクに水が置いてあって使用して良いらしいです。

確かにこの小屋にもありました。

トイレはありません。

鹿さん。真横でこっちを見て逃げません。

残飯まちかな?

「いや、こっちも食糧難です。笑」

2日目は2時スタート。これでも遅いくらいでした。気候は涼しくて進みやすい。

当初の予定だった深仙小屋。

4人が限界ですね。混む時期は場所の確保も難しいかも。

くたばりながら長いアップダウンを超えてようやくたどり着いた食堂。

玉置神社の食堂。

ここでの補給で残りの15kmをいつも通り走る事が出来ました。

そして、全ての有人小屋の大将は良い人でした。

特にここの大将は袋いるか?お茶もっといらんか?と面倒見の良い大将で、体は疲れてましたが和みました。笑

2日でここまで来たという話をしていたら、平成元年から店をやってるけど始めて聞いたと。笑

多分早い人は沢山いますが、そういう人はここに寄ってないだけですね。もしくは、そんな話してないだけ。笑

そして、ついに21時半。

熊野大社本宮に到着。

キツ過ぎました。補給のタイミングと水場も枯れている場合があり、非常に難しい縦走だと思います。

しかしながら、レジェンドのお二人の知識と経験のおかげで2日間で通す事ができました。

イットンは、

「全てを受け入れる」

を覚えた。

イットンはレベルが上がった。

詳細は後日アップロードする動画をご覧下さい。

食料

今回足りなかった食料ですが持っていったものを備忘録として残しておきます。

  1. アルファ米
  2. パスタ
  3. パン4つ
  4. おにぎり2個
  5. ミックスナッツ類 多め
  6. 塩熱サプリ
  7. 生姜飴
  8. 生姜湯(粉)
  9. コーヒー(粉)
  10. 一本満足バー2個
  11. 養生カレー3本

その他小屋でカップラーメン、コーラなど購入。米が腹持ち良くてグッド。

ナッツ、パンは短時間しかもたない。

小屋では出来るだけ何かを補給した方が良い。

ジェットボイルはかさばるし重い。レジェンド2人はそこまでコンパクト軽量にこだわってる。

膝の神『ひざ小僧』1日1ポチ

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ

facebook   プロフィール

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です