【ティートンブロス】フェザーレインパンツ2.0

フェザーレインパンツ2.0

スポンサーリンク



おはようございます。

長年使用してきたレインパンツ。

サロモンボナッティウォータープルーフパンツ。パツパツ系レインパンツです。

何の不満もなく、それほど出番のないレインパンツでは必要十分でした。

パツパツ系なので強風の中でもバサバサ煽られる事もないですし、枝に引っ掛けるリスクも少なく使いやすかったです。

生地は結構伸びるんですが慣れるまではパツパツ感が突っ張って嫌な人もいるでしょうね。

防水もかなりしっかりしていましたが、先日のUTMFで使用したら中までしっかり染み込んできて保水パンツとなってしまったので買い替えを決意したわけです。汗

パツパツ系が漏水すると結構気持ち悪い。

散財王もここには手を出してなかった。笑

フェザーレインパンツ2.0

湿度の多い日本の気候は、通常の行動にソフトシェルが適している事が多いですが、降雨の際に不安が残ります。3Layer でありながら200g を切る完全防水のアイテムをバックパックに常備して下さい。Pertex Shield+ と同じ20000mm の耐水とそれを凌駕する耐久性を持つ国内で加工された素材にアップデートしました。Feather Rain JKT とセットで使用する事で、UL な重量と完全防水のレインシステムの完成です。

Fabric: 20000/20000
Weight: 100g(Size M)
SIZE
ウェスト
ヒップ
股下
XS
66~74cm
82~90cm
73cm
S
70~78cm
86~94cm
74cm
M
74~82cm
90~98cm
75cm
L
78~86cm
94~102cm
76cm
XL
82~90cm
98~106cm
77cm
数値は衣服の寸法ではなく、基準とする体のサイズです。

ティートンブロス

ブレスパンツと迷いましたが、さらに高額なため今回はフェザーレインパンツにしました。

値は張ります。19440円。

私はMを購入しましたがSでも良かったかな?と感じます。

それはきっとパツパツ系レインパンツを常用していたからだと思われます。

今は3kg程このあとに減量してますので少しサイズ感は違いますが参考までに。

普通に履くとウエストは余裕があります。

ただ、ウエストは全体にゴムが通ってないのであまり伸びません。

ウエストをギリギリで買うとオケツが入らないかもしてないので、これくらいが正解かもしれません。

ゆるい分はゴムで締め込む事が可能ですので問題なしです。

ヘソからピョンてゴムが飛び出しますけどね。笑

今回このパンツを選んだ最大の理由はこの立体構造です。

トレランでは股を開いたりいろんな角度に足が動くので、レインパンツを履くとどうしても突っ張ってしまう。

しかし、このパンツは立体構造なので走る時の足上げでは突っ張りにくくなっている。(お腹のドローコードを締めすぎると突っ張る。)

特にお股。レインパンツをはくとお股を開きにくい。

そもそも体が固くて開脚は全然できませんけどね!笑

上の写真の通り180度開脚も可能な立体構造ですので、ピョーンと足を開いてカモシカのように走る事も可能カモシカ。笑

このように平置きしても立体構造なのでこんな形態に!

アクティブに動くことを想定した設計ですね!

個人的には靴はぬいでから履くタイプですが、一応ひざ下までチャックが付いています。でも、登山靴もトレランシューズもデカくて脱がないと無理。

私の足がでかいだけかもしれません。笑

無かったら無かったであった方が良いって言われるだろうから付けましたチャックです。笑

ブレスパンツは無いですね。

そして気になる、コンパクト性能。

ボナッティと同等です。

右:ボナッティ

左:フェザーレインパンツ2.0

パッカブルではないのでゴムで止めてます。

これだけ小さくなれば十分トレランでも使えます。

左のふくらはぎにはライオンさんがお出ましです。

かっこいいでスネ。

また、使ってみて記事にしたいと思います。

追記5/26

パツパツ系では無いので、それほどタイトフィットではありません。

立体構造で突っ張りにくいので履いてる感覚がない様にも感じます。(軽いし。)

ただ、生地自体はボナッティの様に伸縮性があるわけでは無いのでタイトに履くレインが好みの方には向かないかもしれません。

膝の神『ひざ小僧』1日1ポチ

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ

facebook   プロフィール

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です