奥三河パワートレイル【大会レポ2017】 3/3

スポンサーリンク



ラストの四谷千枚田〜ゴールまでのレポートです。

四谷千枚田からは大きく分けて2つの登りがあります。

1つ目は四谷千枚田を出てすぐのロードの登りです。ロードなので、普通に進めます。

2つ目は鳳来寺山の登り。最後の追い込みです。頑張りましょう!

AS4四谷千枚田〜AS5棚山高原

四谷千枚田から先に進むとき、リタイヤの4文字が頭をよぎります。

そこは、耐えてとにかく前に進みましょう!みんなきついのは一緒です。

棚山高原までのボーダラインは10時間です。

しばらくロードの登りが続きます。

ここは歩いても良いと思いますが、走っては歩いてを繰り返しました。

この先に見えている階段からトレイルに入ります。

しばらく登って行きます。

このあと走れるパートもありますので、無理をする必要はありません。

新城トレイルでも通る宇連山へ向かいます。(頂上は通りません。)

宇連山の頂上手前を曲がって新城トレイルと同じコースに入ります。

走れるところは走っておきたい。

棚山エイドに向けて走ります。

約57.1km 棚山エイド到着です。

ここのボーダーラインが10時間です。到着が9時間38分。

第三関門11時間。

ここでも頭から水をかぶりましたが、このあと日が暮れて寒くなるのでここではかぶらない方がよかった。

AS5棚山高原〜FINISH

林道を走って棚山高原方面。

頑張って走ります。

ここはいつも休憩しているところ。走った方が良いですね。

またトレイルに入ります。

足が残ってれば走れるトレイルです。

突っ走ってください!

第一回大会ではここ棚山高原で制限10時間でした。

ここで制限アウトリタイヤでした。今回も10時間は切れませんでした。

そういうプランで走ってるので仕方ないです。

いざ!鳳来寺山へ!

ここから改めて登りますので頑張りましょう!

鳳来寺山といえば階段です。

しんどいながらも進むしかありません。

もはやリタイヤでも自力でゴールに行くしかありません。

ようやく頂上付近まで来ました。

相当疲れてますね(笑)

景色も良いので、気持ち良いです。

頂上到着です。

あとは下りです。足は残ってませんが、転がり落ちるように走って行きます。

なんか帰って来た感が凄いです!

安心する。建物があるだけでゴールが近い雰囲気がします。

多分このあたりが予備関門です。

制限13時間。間に合わないと強制終了です。

あと少しです。なんとかクリアしましょう!

先ほどの場所で歩いても間に合うと言われたら、ホッとしてかなり歩いてしまいました。

一気に暗くなり始めます。

あと少し!

根性!多分100マイル走ってるのであればイチ通過点ですが、ゴールが近づくと何故か非常に疲れを感じます。

線路沿いの道に出ました。

あとはウイニングロードのみ!

最後の赤い橋を渡るとゴールです!

皆さんが応援してくれています。すごく感動しますが、疲れすぎて涙は出ません。

子供達の声援に感無量です。

さあいよいよゴールが見えました!

ここまでいくつの山を越えたのか。何度限界を超えたのかわかりません。

しかし、ここにたどり着けるのは諦めなかった人、努力して来た人だけです。

ゴーーール!

3回全ての大会に出場しましたが、毎年良い天気です!

2018年はUTMFの為出場しませんが、天気は良いはず!

きっと暑いです。朝は寒いです。気温差で熱中症には気をつけてください!

諦めなければきっとゴールできます!

何度も心が折れそうになりますが、リタイヤした後悔は一年間晴らせません。

私の完走関門ボーダーライン

津具:1時間半(12.6km)

小松:5時間(37.3km) 6時間で超ギリギリです。

四谷千枚田:8時間(48.4km)

棚山高原:10時間(57.1km)

PS:動画に出てくるニャビーのイラストは娘の作品です。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ
トレランランキングサイト

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です