インナーファクト スキンソックス耐久性検証結果

スポンサーリンク



おはようございます。

私のような足幅の広い人は薄い靴下がないとほとんどの靴が履けません。

インナーファクト はそんな足広星人の私たちに靴の選択肢を広げてくれました。

インナーファクト の中でも最も薄いタイプがスキンソックスです。

ノーマルでも十分薄いんですが、履き心地、ドライ感、どれもこのスキンソックスがいい感じ。

極薄過ぎて指が透けて見えます。

トレランでこの薄さ、いやマラソンでもこの薄さは無いですよね。

普通ならこの薄さでランニングをすれば即で破れますよね。

しかし、インナーファクトのスキンソックスはなかなか破れません。

それでは、ハードにトレランで使った場合どれくらいもつのでしょうか?

検証内容

かなりハードな山行でのみ使用しました。

普段履きや普通のランニングには使用しませんでした。

結果!

130km!

でした。

鈴鹿セブンマウンテン 45km×2回

UTMF35km

で破れました。

天子と竜ヶ岳の下りが2019年はドロドロで踏ん張りっぱなし。

奥に見える靴を見ていただければ分かる壮絶さ。

スポルティバのシューズであるアカシャはつま先が刺さらない為、踏ん張った指先の荷重がソックスにかかります。

破れたのは左足親指。

右と左を入れ替えてそのまま精進湖まで行きましたがまたしても左足が破れました。

精進湖からはノーマルモデルを履いて走りましたが、やはりこちらは全く大丈夫でした。

インナーファクト

五本指もあります。

ドライ感も凄く良いですし、意外と冬でも寒くない。薄くて履き心地が最高です。

デメリットとされている耐久性については、今回はかなりハードな山行でのみ使用した場合130kmでしたが、通常な使い方ならもっともつらしいです。

この薄さで130kmはよくもった方ですね。

耐久性がもっとないとダメって方はノーマルでも十分薄いのでそちらを試してみてください。

結局スキンソックス試したくなると思いますけどね。笑

ご報告

アンバサダーとして、耐久性についてご報告させて頂きました。今後、さらに破れにくいスキンソックスも研究して頂けるとの返答でその姿勢に感銘を受けました。

イトイテックスにとどまらず自分で新たなメーカーをスタートさせた首藤さんの姿勢にインナーファクト の今後の更なる可能性を感じます。

消費者の声が直ぐに届くメーカーなんてなかなかないよ!

使ってて気になった事はご連絡下さいね。

以上!現場からでした!

膝の神『ひざ小僧』1日1ポチ

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ

facebook   プロフィール

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です