THE NORTH FACE 【HYPERAIR GTX Hoodie】買っちまった。

スポンサーリンク



おはようございます。

まもなくUTMF ですね。

私のストライクトレイルフーディーが黄ばんでるのは前からなんですが、なんか臭くなってきたので買い換えようと考えた時にハイパーエアーGTX フーディーが取り扱い始まってたので散財しちゃいました。笑

3万8千円なり。

「たけーわー!!!!」

新しいものは試したくなるから良いんですけど〜。

お小遣いはこれにしか使い道無いから良いんですけど〜。

ストレス発散なんで良いんですけど〜。

ハイパーエアーGTXフーディー

 

「HYPERAIR GTX Hoodie」はGORE-TEXのメンブレンがむき出しとなった新素材「GORE-TEX®Active with SHAKEDRY」を採用。これまでのGORE-TEXの概念を覆す、表地のない新しい構造。メンブレンが露出し、濡れても保水することがないため、完全な撥水性を誇るわけです。さらに表地がないことで軽量性・透湿性も向上。トレイルランニング向けに開発されたこちらのモデルは、防水機能はもちろん、走ることで水を落としてくれる「SHAKEDRY」というネームング通りの機能が発揮されます。

当然、メンブレンが露出することによってのデメリットもあり、表地がないことで耐摩耗強度が劣る点にあります。要は走るうえで生じるパックの擦れ等が弱点になります。

ゴールドウィンブログより

ゴアテックスはもはやアウトドア用品の中で無敵の防水性と透湿性を兼ね備えた素材ですよね。

ただ、分厚くトレランには向かなかったりするわけです。

そんな中発売されたこのレインジャケットはシェイクドライ という素材が使用されております。

右:ストライクトレイルフーディー

左:ハイパーエアーGTXフーディー

剥き出しゴアテックスとはいえ、やはり少し大きめ。

当初のゴアテックスよりは小さくなってますね。

サイズはザックの上から着るのでLサイズ。

素材が露出していることが弱点との事ですが、意外と破れないというレビューが多いので楽しみです。

着てみた。

もれなくハルクになれます。笑

今年のモデルはチャックが赤色。

もっとタイトかと思ったけど意外と緩めでした。

フードにツバが付いてるので雨が強く降っても快適そうな感じ。笑

これも試してから追記します。

意外と快適なのが手首がゴムで伸びるのでGPSウォッチしても引っかからなくていい感じ。

チャック開けたらベンチレーションの役割とフラスクを飲むことが出来る。

透湿性や防水性能はこれから使ってみて試していきたいと思いますね。

これ、よく考えたらインスティンクトのザックなら上から着て脱いだらすぐにしまえるけど、ザイゴスだと結局ザック下ろさないと仕舞えないから意味なく無い?

ってなっちゃう。いやいや、ベンチレーション開けたり、使い回ししやすくなるから意味あるよね。うんうん。

というわけで高い買い物ですが、散財兄弟の皆さんも買っちゃいなよ!笑

膝の神『ひざ小僧』1日1ポチ

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ

facebook   プロフィール

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です