ジオグラフィカ【地図アプリ】の使い方

スポンサーリンク



おはようございます。

登山やトレランで地図アプリは何を使ってますか?

色々ありますが私はジオグラフィカを使ってます。

YAMAPも有りますが縦走するとダウンロードする地図が多数に分かれてしまって使いにくかった。(今は知りません)

もちろん、紙の地図も用意しておきますが、地図読みが得意ではないので勉強したいなぁと思いながらもGPSに頼ってしまう。

何かあった時に対処出来るように事前に紙の地図でも行き先の計画は立てる様にしていますが、、、。

私は方向音痴なので、当日の位置と照らし合わせるのが苦手。

GPSは電波が無いと役立たずどころか騙されるので注意が必要ですよね。(携帯の電波とGPSは違います。機内モードでもGPSは利用可能です。)

そんなジオグラフィカですが、GPXファイルの取り込み方を記事にしたいと思います。

GPSウォッチに取り込むのと基本的に同じですがスマホ上で全部完了するので簡単です。

まず最初にジオグラフィカのアプリをインストールして下さい。

ジオグラフィカ

─『表示するだけ』で地図を保存。携帯圏外の山奥でもGPSとして機能します。Androidでも、iPhoneでも。

新世代の登山用GPSアプリです。

ジオグラフィカ(Geographica)は、オフライン環境でも使える『キャッシュ型オフラインGPSアプリ』です。一度表示した地図は自動でアプリ内に保存されます。携帯圏外の山奥でも海の真ん中でもスタンドアローンで動作し、地図表示とGPSナビゲーションを実現します。

あなたのスマートフォン(iPhone、Android)にインストールするだけで登山用GPSとして機能し、アウトドアライフをサポートします。

携帯圏外の山奥でも確かに動作してくれますし、まだ不具合を感じたことはありません。

ただ、矢印が正しい現在地に移動するのが遅くなることがあるのでパッと見て判断するのではなく、少し長めによく見て判断していただいた方が良いと思います。

下記追記あり

精度はアプリ画面上部に水平精度の記載がありますので、そこで確認可能です。

取り込み方

では、今度また行く予定の鈴鹿セブンのGPXデータを取り込んでみましょう。

1番簡単なのは、既にアップされているGPXファイルをお借りする方法。

もちろん自分で計画を作成したら良いんですが、スマホだけで出来る方法が分かりません!笑

結局GPSウォッチのエプソンmz-500に取り込む時にPC使うんですけど。笑

GPXファイルの拝借元はヤマレコですよね。

こちらは、お友達のgontaさんの記事。

リンク元はこちら

参考になる超人系ログを沢山アップして頂いてるので参考にして下さいね。笑

まず、ヤマレコに会員登録してログインして下さい。

グラフの上にGPSログ(GPX)というボタンがありますのでこちらをタップ。

iOSの場合はこの様に「ジオグラフィカで開く」というボタンがあるのでタップ。

出方は違う場合もあると思いますが、とにかくジオグラフィカからひらけば大丈夫。

「はい!取り込まれました!終了!」

自動保存されますので、これでOKです。

超簡単でしたね。記事にするまでもなかったかも。

溜めすぎると容量が重くなるので消したい場合はメニューから。

左上の3本線をタップするとメニューが表示されます。

ファイル→トラックから表示されるルートを選択できます。

ここで、選択して削除できます。

こちらで名称の編集も可能です。

目のマークが付いてるやつが表示されてます。

また、トラックを選択すると、GPXファイルのエクスポートも可能です。

というわけで、ジオグラフィカの使い方でした。

あとは当日ジオグラフィカを開いて位置情報を使えば自分が向いてる方向まで分かるようになっています。

注意点はGPSの電波が地形などで悪いと位置情報がずれるのと変な方向を指すことがあります。

ちゃんと紙の地図で確認しながら看板や周りの山の位置関係を確認してくださいね。

多分もっと色々使い方があると思いますが、これだけでも十分価値ありますね。

私は普段、街を歩いてて見えた山が気になったらあの山なんやろって調べるのによく使います。

なんせ方向音痴なので。笑

4/11追記

一番上に出ている水平精度を見ると現在のGPSの信頼性が分かるようです。

50m以内なら正確みたいです。

水平精度はアプリを立ち上げてから1kmくらいから徐々に減っていきますのでそこを確認して現在位置を確認した方が正確ですね。

また、ジオグラフィカの使い方リンクを教えて頂いたのでリンクしておきます。

ジオグラフィカの使い方

膝の神『ひざ小僧』1日1ポチ

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ

facebook   プロフィール

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です