ポラール バンテージMが来た!

スポンサーリンク



おはようございます。

長い時間電池が持つGPSウォッチに買い換えたいなぁなんて思って半年程。

ガーミン ForeAthlete235を使ってきましたが7時間で電池切れ。ビワイチでも充電を繰り返して使いましたが、めんどくさい。

935を狙ってましたがやはり高い。コスパが悪い。

ポラール バンテージM

特徴的な機能

Polar Precision Prime
Polar Precision Prime

極めて厳しい条件下でも手首から精度の高い心拍数を記録できます。詳細はこちら

Training Load Pro
Training Load Pro

トレーニングセッションの負荷を定量化し、トレーニングによる身体の疲労度を確認できます。詳細はこちら

Sport profiles
スポーツプロファイル

Polar Vantage Mは、130種類以上のスポーツをサポートしています。Polar FlowでPolar Vantage Mにお気に入りのスポーツを追加しましょう。

Swimming metrics
スイミングメトリクス

プールでの進捗状況を確認できます – Polar Vantage Vは、心拍数、泳法、距離、ペース、ストローク数、休憩時間を自動的に検出します。距離とストローク数はオープンウォータースイミングでも記録されます。

Activity & sleep tracking
毎日24時間の活動量を記録

Polar Vantage Mは、歩数、距離、消費カロリー、睡眠時間を記録し、パーソナライズされた毎日のアクティビティ目標を提供します。

その他のSMART COACHING機能

Running Index
ランニングインデックス

ランニングVO2maxやランニングパフォーマンスがどのように向上しているかを確認できます。詳細はこちら

Running Program
ランニングプログラム

あなた自身と目標に合った、パーソナルなトレーニングプランを取得できます。詳細はこちら

Smart Calories
スマートカロリー

あなたの体重、身長、年齢、性別、最大心拍数(HRmax)、またどの程度ハードなトレーニングを行っているかに基づいて、精度の高い消費カロリーを表示します。詳細はこちら

Training Benefit
トレーニング効果

トレーニング直後にそのセッションの効果がわかる、モチベーションが高まるフィードバックを提供します。詳細はこちら

Continuous Heart Rate
継続的な心拍数計測

1日を通して心拍数がどのように変化しているかを包括的に把握できます。継続的な心拍計測機能により、より正確な消費カロリーと活動データ、および1日の最低心拍数と最高心拍数を確認できます。詳細はこちら

Sleep Plus™
Sleep Plus™

質の良い睡眠は、回復を促し、パフォーマンスの向上につながります。Polar Sleep Plus™は、睡眠のタイミング、時間、質を自動的に検出します。詳細はこちら

ポラールのページ

Polar Vantage M
カラー:ブラック、ホワイト、レッド
バッテリー:1日1時間のトレーニング、24時間心拍計測使用で最大1週間/トレーニングモードでGPS(高精度)、心拍計同時使用で最大30時間
重さ:45g
サイズ:46×46×12.5mm
防水:30m防水(WR30)
希望小売価格:3万7800円(税抜)
発売日:2019年3月20日(水)
セット内容:Polar Vantage M、USBケーブル、スタートガイド

ジャーン!

「来ましたー!」

発売日に届きました。笑

付属品

紙と充電機、本体。

早速Amazonで買っといた保護フィルムを貼る。

安物だったので覚悟はしてたけど、明らかに説明書がスマホ用だよね!笑

サイズが2〜3mm程小さいよね!

分厚さ

左:ポラールバンテージM

右:ガーミン235

ガーミンの方が細いですが、重さはほとんど差を感じません。

右がポラールですが、少し固め。ガーミンも互換品の安物です。純正のガーミンが1番付け心地は良い。

心拍計は落ち着くと大体同じくらいになりますが、ポラールは上がったり下がったり激しく動きます。

その方が正しいのかな?

Polar Precision Prime(TM)センサーを搭載してより正確な心拍が測れるらしい。

フェイスはポラールの方が好みですね。

アクティビティは130種類あるのでアプリから登録すれば増やせます。

トレランもありました。

朝のアラーム設定も出来るみたい。

スマート通知に関しては、ガーミンよりも品の良いバイブレーションな気がする。笑

充電

磁石でペタッとくっつけるだけ。

なかなか洒落てるけど、カチッとくっつくわけでは無いので外れやすい。

これは予想外。

日本語対応してない

まさかの、日本語の説明書は入ってますが本体は日本語対応してません。(日本語対応しました。)

英語でほぼ問題ないと思いますが、「何で?」って感じはしますね。

一度説明者を見れば大体の使い方は分かります。

名前

エプソンほどややこしくはない。

日本語対応してないので通知がおかしい。笑

「ら」て!(来たメッセージに”ら”は含まれません。)

使ってみた!!

トレーニング結果は非常にわかりやすくアプリに出ます。

ただ、それぞれの詳細は見れません。

懸念されていた電波塔によるGPSの飛びはありませんでした。ちゃんと記録されました。

袴腰山入口の発電所、電波塔の真下を通りましたので、ここは改善されてました。

そして、やはりポラール!

心拍は非常に正確に出てるっぽい感じでした。

ガーミンはいつも高く出るのでおかしぃなぁと思ってましたが、これで納得。

何かかなり良いぞ!

1日の時間帯別で活動量が見れます。

これは、なかなかおもしろいですね!

比較

顔面は明らかにポラールが、すきだなぁ。

1番軽くて付けてて快適でした。

機能には差がありますが、十分使える一本でした。

ガーミン:27.1km

ポラール:25.99km

エプソン: 24.135km

やはりエプソンはかなり短く出ます。ポラールも短め。多分ガーミンが正しいっぽい。

充電の比較

ガーミン:活動中も充電可能。

ポラール:ポーズにしても充電出来ない。

エプソン:中断すれば充電出来る。

ポラールめっちゃいいと思ってましたが、最大の欠点。一度ログを終了しないと充電出来ません。アップデートを期待します。

駆動時間

ガーミン(235):7時間(11時間)

ポラール(バンテージM):16時間(30時間)

エプソン(mz-500):46時間(トレッキング)

1番重要な駆動時間、30時間を売りにしてきたバンテージM。実際は本日5時間で68%まで減少。後半粘るかもしれませんが、単純計算だと16時間程度。やはり、充電も出来ないのでマイルにはmz-500しかないな。

ガーミン935がやはり高いものの全ての機能を備えているのかもしれない。(22時間)

ポラールのページ

次回は機内モードでアプリとの同期をしないようにしてから使ってみたいと思います。気温は19度予報の暖かい日でしたので問題にはなってないはずです。

その他気になること

ポラール バンテージMは獲得標高は出ますが、気圧計が内蔵されてない為か、高低図が出ません。

トレランで高低図出ないのはちょっとなぁー。

普段使いにはもってこいですが、マイルや長時間(充電が必要)は、向いてません。

充電なしで行ける分だけで終了。

普通はそれで良いんでしょうけどね。笑

4/4追記

日本語対応してた!

PC版の管理ツールから設定変更が可能でした。ポラール アプリからは出来ません。

翻訳に違和感。笑

膝の神『ひざ小僧』1日1ポチ

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ

facebook   プロフィール

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です