ビワイチランニングのコツ

スポンサーリンク



おはようございます。

世間一般では自転車でビワイチはするもんだという認識が共通認識としてあろうかと思います。

実際ビワイチサイクリングステーションというスポットがちらほらあり、ビワイチを応援している施設が場所を貸してくれたりしています。

だから、ビワイチランニングなんて普通の人は考えない。

ということは、想定されてないのでコースも夜間走やランナーの事は配慮されていません。

今回は、そんなビワイチランナーさんの為にビワイチランニングのコツを書きたいと思います。

どこからスタートする?

私は自宅からスタート出来ますので、駐車場が必要ないわけですが、皆さん琵琶湖大橋西詰の米プラザに置いている人が多いようです。

しかしながら、私が見たときは車の放置は禁止と看板が出ていましたので、米プラザ公認では無いようです。だから、ダメですね。

あとは、東側に無数にある無料駐車場を使う。

ただ、セキュリティ上危ないかな?そもそも置いといて良いのかも分からない。

逆に東詰にある美崎公園は7月8月以外は無料で利用可能です。

詳細はこちら

シャワー付きでビワイチの応援を公式にして頂いているのでこちらの方が安心。

キャンプ場もあるので前泊、後泊も可能です。

自転車も貸してもらえます。

チラシはこちら

周り方

❶湖岸沿いを走ることも可能ですが、真っ直ぐ行くルートもあります。湖岸沿いは崩落で通れないこともある。

❷湖岸沿いのルートもある。しかし、長い時間、コンビニなどの補給が少なく暑い時期は水切れになる可能性あり。国道はお店があるので心配なし。

❸湖岸沿いを行くのが正規ルート。夜間は暗すぎてオススメできない。トンネルや廃屋が多く行く勇気が出ない。この辺りは夜間に越えることになるので怖い。

❹湖西北部は歩道もなく車通りが多い場所があるので車通りの少ない深夜、早朝に通過すると安全に通過が可能。日中は車が多くかなり走りづらい。

コツは北部に集中しており比較的南部は普通に安全に走れます。

回り方は東側から反時計回りで回るのがオススメ。理由は東側の方が長いので先に終わらしておきたいのと、湖北西側は深夜、早朝に通過したい。

どこを何時に通過するのかが大切です。

近江大橋スタート5時

彦根城12時

長浜駅16時

木之本18時

白髭神社3時

私の通過時間です。

ご参考までに。

睡眠は全部で1時間くらいだと思います。

15分休憩をコンビニイートインなどで回数を分けて取りました。

朝5時はフラフラになり、1番眠気に襲われました。溝に落ちそうになり、15分程寝たら復活しましたが、一気に寒くなりましたので、インサレーションなどが季節によっては必要です。

装備一覧はこちらの記事を見てください。

ビワイチ装備一覧

膝の神『ひざ小僧』1日1ポチ

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ

facebook   プロフィール

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です