ファーストエイドを考え直す

スポンサーリンク



おはようございます。

先日捻挫したことによってファーストエイドへの考え方が変わりましたので、中身も見直します。

半年前にも同じ記事書いたのに。汗

ファーストエイドを真面目に考える

まずファーストエイドの中身って皆さん何持ってます?

私は以前の記事のままパンパンで持っていく場合と他に荷物が多い場合はいくつか省いていく事が多いです。

何を想定してとかあまり深く考えてなかったりする。

そもそも、ファーストエイドを使いこなす技量も本番で使ったわけではないから、あるのかわからないし、ファーストエイドに必要なものが何なのか、自分に使いこなせるものはなんなのか。って難しいですよね。

今回持って行っていたもの

テーピングは使ったのでゴミです。笑

ポインズンリムーバー

マダニ取り

人工呼吸用シールド(何故か2個)

ガーゼ

絆創膏類

エマージェンシーブランケット

痛み止め、芍薬甘草湯

実は、今回省いたものがある。

包帯

ハイドロコロイド

携帯トイレ

これを入れるとパンパンすぎて他の荷物が入らない。縦走の時や登山の時は持っていくセット。

そして、最軽量版

エマージェンシーブランケット

ポインズンリムーバー

マダニ取り

人工呼吸シールド

こちらは、荷物が多い時やそれ程ハードに山に入らないとき用です。

ちゃんと持っていかないといけないと思うんですが、荷物の量には限界がある。

ほんというとここからエマージェンシーブランケットを省く事も低山ではある。

今回の奥三河試走でも寒い事が想定されてたのでインサレーションを入れてファーストエイドはこちらの最軽量版で行こうか迷いました。

結局、ちゃんと持って行って正解。

想定する事態

  1. 外傷
  2. 捻挫
  3. 遭難(冷え)
  4. 蜂、マダニ
  5. 意識不明

外傷については、正直山を降りてからでいい気がするし、対処しないといけない傷ならガーゼやらでは対処できない。すれる場所に傷がついた場合用のガーゼや絆創膏類を少し。

捻挫は、今回なって思ったけど結構やばい。本来なら非伸縮の白テープが必要ですが、嵩張るからキネシオを引っ張って代用。今回は巻き方は分かってたので、キネシオでも大分ブレないようになった。また、痛み止めもあった方が良い。今回もブルフェンが入っていたのに探した時に見つからなくて、先輩からロキソニン貰った。(これでは意味がない。中身は把握しておこう。)

冷えに対する対処はインサレーションやエマージェンシーブランケット。走る事を考えれば、エマージェンシーブランケットかな。

最近、蜂に刺される方が多いのでポイズンリムーバーはいりますよね。でも、この安いやつはあまりよくないらしい。ちょっと嵩張るけど良いやつ買った方がいいみたい。

嵩張るけどね。

そして、倒れた人を見つけたら、、、。

人工呼吸用シールド。ちゃんと使えるかなー。

一応、潜水士の頃は毎年普通救命講習は受けてきた。意識しておこう。

使ったら足す

取り敢えず、テーピングは2つの長さで足しておきました。角はこの後落としました。笑

ファーストエイドって考え出したら膨大になるし、みんな色々意見はあると思う。

使う技量がなければ、覚えておかないといけないし、何が入っているのかも把握しておかないといけない。

ついつい、今日はこれは省こうってやっちゃいますがこれからは、このセットで常に持っておきます。

誰か詳しい人にトレランファーストエイド講習してもらいたいなぁ。

持つべき物も教えて欲しい。

何かあると毎回考えるけどすぐ意識が低くなるよね。

膝の神『ひざ小僧』1日1ポチ

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ

facebook   プロフィール

スポンサーリンク



2 件のコメント

  • ファーストエイドは僕も凄く悩み正解がみつけられません。ココヘリには入っています。ココヘリ&登山保険&コンパス(登山届)もおススメです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です