“冒険の共有” 栗城史多の見果てぬ夢を見た。

スポンサーリンク



おはようございます。

先日録画しておいたけど、リアルタイムで見れたのでNHKの「“冒険の共有” 栗城史多の見果てぬ夢」を見た。

彼を知ったのは2016年だったか、結構最近です。

エベレストに挑戦している事をFacebookで見かけた。

「すごい人がいるもんだなぁ」と見守っていた。

指を失った後で、すでにアンチな人が沢山SNS上にもコメントしていた。

応援する人、アンチな人、中立な人、入り乱れていてどんな人物なのか調べたりもした。

今回のNHKでかなりその辺は知れた。

SNSや動画共有という形で登山するというスタイルは新しくて面白い。

その一方で失敗すれば、実力もないくせにカメラなんて持って出来るわけがないと批判される。

一人で勝手にやってる分にはここまで言われることはなかっただろうけど、クラウドファンディングやスポンサーが付いてるだけに結果が求められた。

そんな彼は、「否定」される事を嫌っていたようでした。

周りが止めても頑なに難易度の高いコースを選択し帰らぬ人となりました。

放送では滑落して倒れる栗城さんの映像が望遠で小さく写っていた。

ビバーク中に体調不良で下山を決意し、その後「ライトを付けて向かってほしい。それ目掛けております」という無線を最後に亡くなった。

なんかすごいモヤモヤが残ってしまった。

リアルタイムでその下山を決意したSNSも見ていたし、「最初から登る気なんてない」とコメントされていた。

いつも彼はエベレストにつくと体調が悪かった。だから、そのような言われようだったのかもしれない。

その同時期にキリアンが2度も登頂しているだけに残念な気持ちになった。

しかし、彼が沢山の人に勇気を与え沢山の人の心を救ったのは確かだと思う。

私も勇気をもらった1人だった。自分の中では無謀なレースにもチャレンジしてきた。

放送を見て栗城さんから勇気ももらったが、それ以外にも受け取らないといけないものがある気がした。

きっとモヤモヤの正体だろうと思う。

栗城さんが登山家花谷さんにお願いして一緒にトレーニングをしたことがあったらしい。

その時に花谷さんは、

「山を見ないで自分を見て登れ」

とアドバイスをしたそうです。

要するに自分の実力を見て山を登れと。

「ドキッ!」

今までかなり厳しいと思われるレースでも積極的に参加して来た。

今トルデジアンを考えてる中でこの言葉は響いた。

想像もできないレースに出るべきではないのか!?

その為にこの半年間準備すれば間に合うものなのか?

凄く考えさせられました。

ただ、夢に言い訳はしたくない。時間がない、お金がない、才能がない。実力がない。

それは、理由にはならない。チャレンジする事で次に繋げる事が出来るかもしれない。

やってみないと何も始まらない。

妻の意見を聞きながら、2月まで考えたいと思います。

NHK

奇しくも、彼が亡くなった35歳に先日なりました。

レースは途中でやめられるけどね。

膝の神『ひざ小僧』1日1ポチ

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ

facebook   プロフィール

スポンサーリンク



2 件のコメント


  • Warning: strlen() expects parameter 1 to be string, object given in /home/itotin19/kitrailchannel.com/public_html/wp-includes/formatting.php on line 2893

    Warning: strlen() expects parameter 1 to be string, object given in /home/itotin19/kitrailchannel.com/public_html/wp-includes/formatting.php on line 2893
    アバター Tana より:

    はじめまして
    いつも楽しくブログ拝読させていただいております
    去年、幸運にもトルデジアンに参加する事が出来て完走しました
    僕の場合MFの抽選にもれたのを期にそれならばと思いエントリーしました
    100マイルレースも2度の完走経験しかなく不安はありましたが、とにかく目標に向かってトレーニングしました
    今から準備でも全然遅くないと思います。トルデジアンの完走率は参加資格がないにも関わらず60%位と高いですホスピタリティーもしっかりしていて、何よりもコースが素晴らしいです
    行きたい!という気持ちがるならチャレンジする事を絶対にオススメします!
    応援します(^^)


    • Warning: strlen() expects parameter 1 to be string, object given in /home/itotin19/kitrailchannel.com/public_html/wp-includes/formatting.php on line 2893

      Warning: strlen() expects parameter 1 to be string, object given in /home/itotin19/kitrailchannel.com/public_html/wp-includes/formatting.php on line 2893
      アバター 1トン より:

      Tanaさん
      ありがとうございます!もちろんリアルタイムでブログの報告を拝読させて頂いておりました。^ ^
      この記事を書いて公開するまでの間にトルデジアンの日程に仕事がぶち込まれてしまいました泣。出たい気持ちはありますが、今年はトレーニングに励むことにします。貴重なご意見ありがとうございます^ ^もし、都合がつきそうなら行っちゃうかもしれません。笑

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です