着地を考える前の話

スポンサーリンク



おはようございます。

私の持論ですので、興味ない方はスルーしてください。

今日は、訳あって私の絵で説明していきたいと思います。

富山マラソンのゴール前を絵にしました。もう顎が上がってます。笑

着地の話

今だによく聞く、着地の話題。

私は大した実力もないので、ちゃんと考えてる方はスルーして下さいね。

あくまでも持論です。

フォアフット、ミッドフット、ヒールストライク。

どれが良いのか?

みたいな話題。(私が考えてる事。)

大概ヒールストライクが悪で、ミッドフットやフォアフットが良しとされている。

決してそんな事は無いと思います。

ヒールストライクの方が安定するし、それが合ってる人だって多いはず。

ヒールストライクで膝の故障をしてる人がミッドフットへ移行したいというのはあると思います。

これは、私の富山マラソンのゴール前の絵です。

「スピード感ないなぁ〜!」笑

私が意識しているのは膝で走る事です。

これは以前の記事を読んでください。

たった一つ意識するだけで楽に走る方法

膝を前に出して行く意識だけしています。

最近は意識しなくても出来るのであまり考えてはないです。

膝より下は大げさに言えばブラーンと全く何も意識せず膝を前に出した時に付く形で着地をしています。

ミッドフット気味なのかな。

着地を意識してしまうと膝よりも下に意識がいってしまい体の前の方に着地してしまう人をよく見ます。

膝への衝撃も大きくなりますし、非常に疲れやすそうに見えます。だから、避けたい。

さらに、そこから後ろに蹴り上げるまで長い距離蹴り出さないといけなくなります。

これは、着地の仕方は関係ありません。

富山マラソンで見た人で、前に着地してるのに無理にフォアフットで走ってる方を見かけました。

それに伴った筋力とバネがあれば確かに早く走れるかもしれません。

しかし、私のような市民ランナーがそんな走り方をすれば長い時間もちません。短距離走です。

ところが、自分の下で着地するとあとは押し出すだけです。

上に飛び上がりそうに絵では見えるかもしれませんが走ってますので前への推進力がありますので問題ありません。

しかも、この押し出す意識は必要ありません。

次の右足の膝を前に出す意識をすれば勝手に左足は押し出してくれます。

まとめ

何が言いたいかと言うと、

私みたいな市民ランナーが、着地なんて考えてる余裕はなくもっとシンプルに考えた方が疲れにくく走れるのではないか!?

足への負荷を出来るだけ少なくするなら体の下での着地を意識した方が良い。

その為には、膝を前に出す意識だけにする。

という提案でした。笑

大迫選手調べてみた

膝から前に出てました!

蹴る力が強いので膝よりも下が前に出てますが着地の時には重心の下で着地しています。

フォアフットでも着地する位置が肝心であって着地の仕方はその後の話だと思います。

記事の更新情報はFacebookでお伝えしています。

facebook   プロフィール

↓↓↓ブログ村に参加しています。↓↓↓

 にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です