かさばるジャケットのしまい方!これはすごい!

スポンサーリンク



おはようございます。

なんとなくツイッターを見ていたらフォロワーさんがこんな事を呟いていた。

https://twitter.com/takonary/status/1065631061693030401?s=21

まぁ見てみて下さい。

私も目からウロコでした。笑

「確かにこれは使えるよね。」

果たして普通にたたむのとどちらが小さくなるのか分かりませんが、長細い方が登山のザックには入れやすかったりする。

応用してみた

まだ、上記の動画だとコンパクトにしきれていない。

もっと絞り込んで見た。

試したのはノースフェイスのストライクトレイルフーディーとゴルフ用のアディダスの化繊ダウン。

まずは袖に押し込む。

これまでは動画通りですね。

ここからさらに小さくしていきます。

根元を一捻りします。

そこから反対側にひっくり返します。

こういうことね。

一回捻っとかないと下から出ちゃうので注意。

はい完成!

化繊ダウンを普通にたたむとこんな感じ。

使い所に困るけど、たまには役にたつかも?

トレランの場合はザックにマチが少ないので平たく圧縮袋に入れた方が整理しやすかったりする。

登山のマチのあるザックならこの畳み方は良いかもしれませんね。

ただ、袖を引っ張ったり押し込むので生地には優しくない。

ストライクトレイルフーディーも袋が元々ついてる。実際に使う時は袋を無くすので入れずに行くことがある。

そんな時にはこのたたみ方はいいのかな?

OMMの化繊ダウンの場合

もともと枕になる仕様でポケッタブルなんです。

でも大きい。

最終的な大きさをイメージして一捻り。

ひっくり返します。

あとはゴリゴリ押し込む!

「ビリッ!」

「あっ!やべ。」

やり過ぎ注意!笑

結果!

だいぶ攻めた結果ストライクトレイルフーディー並みに小さくなりました。笑

化繊ダウンはしわくちゃになります。

記事の更新情報はFacebookでお伝えしています。

facebook   プロフィール

↓↓↓ブログ村に参加しています。↓↓↓

 にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です