R×L SOCKS TMW-37が来たー!!

スポンサーリンク



おはようございます。

先日購入したスポルティバ アカシャ!

来年のUTMFまでに入荷が未定という事で買い足しておきました。

上州武尊山でも活躍してくれたアカシャ。

間違いなく安定感とクッション性能はトップレベルです。

スポルティバ アカシャ レビュー

靴下

ここ2年くらいドライマックス一択でした。

分厚いモデルと薄いモデルがありますが、薄い方を使ってきた。(ライト・トレイルランニング・ターンダウン)

ドライマックスのページ

薄いといってもドライマックスは分厚い。

ドライマックスは耐久性が高く、名前の通り速乾なので足が常にドライに保たれる。

耐久性は高いが使っていると固くなってきて伸びてくる。ジャストサイズを履いていたはずがいつのまにかかかとがアキレス腱のほうへ少し上がってしまってる。

でも破れないから替え時が分からない。

こうなってくると締め付けが無いので靴の中でシワがつくこともある。

あまり気にせず機能的に問題ないのでそのまま使ってます。(笑)

問題は分厚いこと。

私の足も分厚い。

そして、アカシャを履くときはインソールをとって履かないと横幅がキツイ。

でも、インソールは入れておきたい。(笑)

というわけで、Aさんに薄めのオススメの靴下を教えてもらったので購入しました!

TMW-37

R×L SOCKSのTMW-37モデルです。

先日TJARで無補給を達成された望月さんも使ってるモデルです。

ラウンド型メリノウールの薄地モデル登場!ショート丈モデル。

メリノウールの薄地モデルはトレラン、ウルトラマラソン、トレッキングなど使用範囲は多岐にわたります。よりリアルな足踏み感、雨や汗、蒸れを感じにくさを色々なシーンでご体感ください。

メーカーページ

メリノウールで防臭効果もバッチリ!

「もう臭くないよ〜!」

分厚さはドライマックスより薄いけど、ペラッペラではなく程よい厚さ。

メーカーのページには薄地と記載がある。トレランソックスの中では薄地。でもアマゾンの商品ページにはあえてか?厚地と書いてある。一般の人からしたら厚地かな?って感じ。

左右があるから片方破れたら入れ替えて使えないよね。(貧乏性)

私のサイズはLでジャストサイズでした。

各サイズ表はこちら。

履いてみた。

「お〜なんとも言えないキツすぎず緩すぎずなんて履き心地の良いソックスなんだ。」

全然違う!ちょ〜キモちぃ〜!

立体構造なので、土踏まずは薄く足裏は厚く、親指は広く、小指は狭く出来ています。

おそらく、それがこの絶妙な履き心地を生み出してるんでしょう。

模様が違う所がそれぞれ違うパーツで縫われていて立体的に出来ています。

ただ、レビューを見ているとすぐに毛玉が出来ると書いてあるし、メーカーのページにも履く回数と関係なく毛玉が出来ると書いてある。

耐久性は不明である。

ただ、まだアカシャにインソールを入れて履くとこんな感じ。

「ブニョーン。」

インソールを外してみる。

「だいぶマシ。」

まだ、靴も新品なので履けば馴染むし伸びる。それを加味してももう少し余裕が欲しい。

やはり、まだアカシャにあう靴下、インソールを探す旅は続くのであった。

まとめ

ドライマックスより履き心地も良く、しばらくトレランで履いてみようと思います。

耐久性についてはまた後日ご報告致します。

ロードを一度履いた感覚はフィット感がよく何も不具合はありませんでした。

私からしたら薄いので靴にも余裕があり、しっかり締め付ける事ができました。(足がはみ出ると締め付けで痛みが出る。)

アカシャは本当にいい靴なんですが私の足がデカイので、インソールの調整と靴下の分厚さを加味したチョイスが重要です。

薄いインソールにこのソックスを合わせると良い気がします!

インソールも探すぞ〜!

無敵パターン発掘中!

記事の更新情報はFacebookでお伝えしています。

facebook   プロフィール

↓↓↓ブログ村に参加しています。↓↓↓

 にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です