「みちびき」ついに稼働!

スポンサーリンク



おはようございます。

先日「エプソンGPSウォッチの精度ってどうなの?」って記事を書きました。

エプソンのGPSデータの精度ってどうなの?

そういえば、最近みちびきのニュースを見かけないなぁと思い調べたら稼働開始とのことでした!

ついにきたー!

皆さん、GPSウォッチを買うとき「みちびき対応」だからという理由で買った人もいると思いますが、みちびきはまだ稼働してません。

2018年1月に試験サービスも開始しているようですが、私たちが使ってるGPSウォッチが試験サービスに参加してるのか分かりません。

ホームページを見ても載ってませんのでまだ対応してないっぽいです。(既に飛んでる衛星によるGPSの補完程度。)

衛星4台揃わないと精度の高いGPSの稼働は出来なかったわけですが、ようやくその準備が整ったようです。

そして、サービスインは11月!

まもなくです!

エプソンの精度も上がるのか!?

期待したいところです。

精度はどこまで上がる?

衛星測位システムでは、GPSとそれ程誤差はないようです。ただ、エプソンはそのGPSの精度が微妙ですのでみちびきで上がるかも!?

みちびきが24時間日本の上空にいる事で精度が上がると良いですね!

ところが心配もある

準天頂衛星システム3号機(静止軌道衛星)では、6月2日に、軌道上で送信信号増幅部のスイッチが意図せず切り替わるという異常動作が発生し、スイッチが動作しなくなるという事象が発生しました。(6月5日発表済み)

このため、みちびき2~4号機の信号について、試験信号の送信を一時停止し、専門家の意見も聞きながら原因究明と今後の運用方針の検討を行ってきました。今般、これらの検討が完了し、試験信号の送信を再開しますので、お知らせ致します。

調査の結果、衛星上の放電現象によりスイッチ駆動装置が誤動作したことによって3号機のL5S信号(測位技術実証サービス用信号)のスイッチ及びL1信号(衛星測位信号)のスイッチの一部が動作しなくなっていることが判明しました。
検討の結果、スイッチ駆動装置が誤動作した場合であっても今後衛星を安定した状態で運用することが可能となる処置を講じたことから、L1、L5Sを含むすべての信号の送信を再開することとしました。
なお、3号機のL1信号については、当初予定より低い送信出力で運用を行うことになりますが、通常の環境下で使用する場合には低い出力であっても信号を利用可能であることを確認しております。

内閣府としては11月のサービスインに向けて引き続き全力で準備を進めてまいります。

詳細はこちら

稼働前から異常が起こってるみたいです。

いつ対応するのかは分かりませんがエプソンのGPSウォッチの短く距離がでる現象も直るといいですね!

4台揃うと常時アジア上空にみちびきが飛んでいることになり、高層ビルなどの遮蔽物があっても高い精度が保たれるようです。

って事は、距離は関係ないかも?

記事の更新情報はFacebookでお伝えしています。下記リンクから「いいね!」してくださいネ。

FB: http://m.facebook.com/kitrailchannel/

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ
トレランランキングサイト

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です