上州武尊山で良かった事、悪かった事

スポンサーリンク



おはようございます。

上州武尊山では色々ありました。

ありすぎて、もう覚えてないです。(笑)

とにかく、苦しくて辛くて大変な大会でした。

剣ヶ峰

良かった事

  1. メンタル : リタイヤは頭をよぎらなかったです。キツかったけど、諦めなかったメンタルは良かったですね!UTMF後の燃え尽き症候群脱却か!?
  2. ジェル : 普段は飲めないジェルですが、パワースポーツのハイドロを持っていて良かったです。固形食が食べられなくなり、このジェルに救われました。
  3. シューズ : スポルティバアカシャ、モンチュラビープビープは問題無しでした。アカシャは特にグリップが良く、剣ヶ峰や武尊山の下りがドロドロでも走りやすかったです。
  4. 睡眠 : 前日からしっかり睡眠がとれました。レース中もどこで寝ようか迷ってたらちょうど仮眠室が用意されておりゆっくり寝れました。
  5. ポール : ドロップバックにポールを入れておいてよかったです。後半は緩い傾斜の登りが多かったですが、だいぶ助かりました。
  6. 気候 : ちょうど良い気候。こればっかりは運ですが2018年は夜も半袖で活動できて、日中も曇りで暑くなくちょうど良かったですね!

悪かった事

  1. 風邪をひいた : 前日までの発熱と胃腸障害はまずかったですね。特に胃はレース中吐き気に苦しまされました。後半は水分系の補給しかとれませんでした。しっかり補給出来なかったので足が回復せず、疲労の蓄積が酷かったです。
  2. ドロップバック : オレンジジュースがとにかく飲みたかった。自販機は動いてなかったので入れておけば良かった。
  3. 補給食 : 用意した固形食全て残してきました。(汗)エネモチを1つ開けましたが全部食べられず、残しました。
  4. コーラ?: 原因は分かりませんがA2でコーラを飲んだ後、低血糖になりました。そのまま胃の調子が転落したので飲まない方が良かったか。
  5. ザック : 悪い事はないですが、非常に使いやすいインスティンクトのザックは高い位置にポジションがくるので、今回のように荷物が多いと腰に荷重が掛かります。筋肉痛です。重い時はテーピングした方が良いですね。
インスティンクト

(ゴール前ご一緒した方と比べてもザックの位置が高い。)

前半で足を使って、後半は我慢合戦の上州武尊山。

夜間の山の中でのメンタルは強く保てた。

苦しくて何度も立ち止まり、何人にも抜かれる。

補給したいけど食べられない苦しみ。

ふと、空を見上げると一面に広がる星。

「すごく綺麗だ。でも今はどうでも良い。」

空を見上げては、いつゴールにたどり着けるんだと苦しむ。

「一歩ずつ進むしかない。」

進まないと終わらないんだ。

頭の中はエレファントカシマシの「今宵の月のように」がループする。

「く〜だらねぇと〜つ〜ぶやいて〜♪」

動画もこの曲にしようと思ったけど、なんかしっくりこないからやめた。

補給してない体はきっと筋肉を溶かしエネルギーを得ているんだろうと考えていた。

補給しないとまずい。

MCTカプセルを飲み込んで前に進む。

効いた感覚はない。

水分だけでも受け付けてくれた胃袋に感謝。

夜が明けると吐き気は消えてきた。

レース中もいつもの時間通りに動き始めたようだった。

6時ごろ最後のA7エイドに到着。

よくやく、ソーメンを食べることができた。

もう、足は終わっていた。

パワーウォークで進み、ゴールにたどり着いた。

Oさんからの言葉。

「長丁場の大会。頑張らずにサボらない。」

この合言葉を何度も繰り返した。

おかげで狙ってない30時間ギリも達成することができた。

ハセツネまで急速に休足。(笑)

記事の更新情報はFacebookでお伝えしています。下記リンクから「いいね!」してくださいネ。

FB: http://m.facebook.com/kitrailchannel/

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ
トレランランキングサイト

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です