GPSウォッチ比較【ガーミン VSエプソン】

スポンサーリンク



おはようございます。

ガーミン のfenix5x plusが欲しいけど高いから買えないでいる1トンです。

現在使用しているのは

ガーミン  ForeAthlete 235j

エプソン Wristable GPS MZ-500

の2本を使っています。

比較する二本ではないですが、比べてみます。正直に言うとガーミン に一本化したいんです。

価格

ガーミン ForeAthlete235j / 約3万円

エプソン MZ-500 / 約4万円

ガーミン fenix5x plus / 約10万円

圧倒的にガーミン fenix5x plusが高過ぎる。

重さ

ガーミン  ForeAthlete235j / 44g

エプソン MZ-500 / 65g

ガーミン fenix5x plus / 96g

ロードを走るならガーミン foreathlete235ですね。付けていて気にならない軽さです。

エプソン MZ-500は少し重いですが、トレランでは気にならない重さです。

ガーミン fenix5x plusは重いと言う評価がある。トレランでは気にならないと言う意見もあり、悩みどころですねぇ〜。

電池持ち

毎秒測位での数値

ガーミン foreathlete235j / 11時間(実際には7時間〜8時間)

エプソン MZ-500 / 46時間(トレッキングモード)

(ランニングモードは24時間くらいかな)

ガーミン fenix5x plus / 30時間

普段使いのガーミン foreathlete235jは実質7時間しか持たないのでロングでは使えません。(たまに充電しながら使うこともある。心拍計測あり。)

エプソン MZ-500を使う理由は持続時間、これだけです。充電なしで100マイル走ることができる。(心拍計測機能がない)

そして、ガーミン fenix5x plusが欲しい理由は30時間もつところ。(音楽、地図も魅力的!)標高、心拍、欲しい機能は全て揃ってる。

アプリ

ガーミン に統一したい理由は管理アプリが圧倒的に使いやすいから。

もはやお馴染みのガーミン のアプリですが、直感的に使えて簡単ですし、睡眠データや心拍データが見やすいです。

ラン後も結果の確認が容易で分かりやすいですよね。不満が特にない。

ペースや心拍もグラフで分かりやすい。またアプリも比較的軽くてサクサク動く。

走った後も自動でアプリにデータが転送されて楽です。

対してエプソンMZ-500のアプリ。

まず、これはアプリというかウェブのリンクですよね。だから重いんです。

結果はこのようにまとめておけば問題なく見れますが、重い。

そして、データも問題なく使えますがなんか不安定なんですよね。

そして、ラン後データを取り込むにはアプリで仮アップロードは可能ですが全てのデータのアップロードにはパソコンからでないと出来ません。

データの分析や使い易さを考えるとガーミンが良い。

ガーミン はモチベーションになるんですよね。

また、ほかのアプリとの連携も違う。

ガーミン はナイキ+にもデータを送ることができる。私はランニングを始めてからのデータを全てナイキ+に保存しています。

エプソン がナイキ+と繋がらないのは痛い。

ベルト

最新のエプソンMZ-500は変わってるかもしれませんが、初期に購入した私のMZ-500はベルトが硬いです。

正直つけ心地が悪い。

ガーミン は柔らかくてつけ心地が良い。

まとめ

細かな機能は自分で調べてね。

ガーミン foreathlete235j

エプソン MZ-500

MZ-500は心拍が測れない。

付け心地が悪い。

アプリがしょうもない。

でもね!圧倒的に電池が長持ち!

これは、非常に重要です。

ガーミン がようやく30時間もつモデルを発売しましたが、10万円越え。

しかも、重いらしい。

ガーミン とエプソン提携してちょうどいいやつ作って!

記事の更新情報はFacebookでお伝えしています。下記リンクから「いいね!」してくださいネ。

FB: http://m.facebook.com/kitrailchannel/

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ
トレランランキングサイト

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です