胃腸障害について考える

スポンサーリンク



おはようございます。

トレイルランニングをやっている方は胃腸障害に陥った方も多いのではないでしょうか。

胃腸の強い人が羨ましいです。

何度も胃腸障害に悩まされて来たので、少し経験から原因を探っていきたいと思います。

食塩

まず、これは摂らない様にしています。

ナトリウム=食塩ではないことは知られていると思います。

あくまでも汗をかいて補給するのはナトリウムですよね。

食塩はタコの滑りを取る様に、胃粘膜を剥がしてしまうので胃腸障害を起こしてしまうらしいですね。

睡眠不足

私の場合、最も関連があるのはこれだと思っています。

ロング、ミドル関係なく胃腸障害が起こった時を考えると睡眠不足だったことが多い。

夜を越えるレースの場合、夜間調子を崩すことが多い。

そして、寝ると回復することが多い。

胃が荒れる

始めて胃腸障害になった時、胃が荒れたと思っていた。

しかし、レースを終えて少し時間が経つとすぐにモリモリ食べられる。

本当に胃が荒れて当分動けないなんて事は滅多にない。

リタイヤしたらすぐに回復して後悔する事がほとんど。

だから胃が荒れてるという事はあまりないと思う。

胃が停止

走ると胃への血流が減少して胃腸障害を起こしやすいと聞きます。

私がジェルを摂れない理由はここにあると思っています。

ジェルだけ摂って走ると胃が停止して、食べ物を受け付けなくなる様な感覚がある。

個人差がある事なので、私の場合です。

常に固形燃料を摂る様になってから胃腸障害は減りました。

胃が停止する前に固形物を食べる。

ハンガーノック

これが原因なのか、前述の胃の停止に関連する事なのかは分かりませんが補給が遅れハンガーノックになると食事を受け付けなくなりますね。

なる前に補給する必要があります。

水分不足

水分とナトリウムを補給する量は難しいですね。

この猛暑では汗の量に補給が追いつかないこともあります。

熱中症になるとまず胃腸は死にます。

また水分ばかり補給してナトリウムを補給しないと抵ナトリウム血症で死にます。

たまにエイドで水しか補給しない人がいますが、別の方法でナトリウムを補給しないと動かなくなります。

まとめ

あくまでも私の場合です。

個人差があり千差万別だと思います。

特に睡眠が見落としがちで移動を考えると当日移動せざるを得ない事もあります。

睡眠不足でロングレースは命取りです。

UTMFで実証済み(笑)

同じ味の飲み物を補給していると気持ち悪くなる事も有りますので何種類か用意するのも必要だと思います。

最近気付いたのは意外とポカリが飲み続けられる。アクエリアスはダメ。

胃腸障害の頻度は下がって来てますが、永遠の課題になりそうです(笑)

記事の更新情報はFacebookでお伝えしています。下記リンクから「いいね!」してくださいネ。

FB: http://m.facebook.com/kitrailchannel/

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ
トレランランキングサイト

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です