上州武尊120をおさらい

スポンサーリンク



おはようございます。

早いもので、もう9月ですよ。

夏山もラストスパートですね。

さて、そろそろレースの方も気にしないといけない頃合いです。

まぁ必須装備品で消耗品以外で持ってないものは流石にないと思いますが、昨年から変更になっている点が無いかなど確認しておきます。

上州武尊山スカイビュートレイル

スカイビュートレイル120(山田昇メモリアルカップ)は9月の標高2,000m 以上の地点を含む山岳地帯を中心に、約129kmを走破する過酷な大会です。強風、降雨、落雷を含む天候悪化、体調不良、道迷い、転倒、滑落、落石、野生動物(熊、蜂、蛇 など)による、様々な傷病や遭難のリスクについては、全て参加者の自己責任となり、主催者は一切責任を負いません。

上州武尊山ホームページ

普段からスマホで調べるので、こういうスマホに最適化されてないホームページは非常に見にくい。

対して費用がかかる事ではないのでなんとかして貰いたいですね。

とか、愚痴りつつも何にも文句は御座いません。(汗)

上州武尊山は日本一とも噂される程、厳しい山岳レースです。

上記の通り、全て自己責任で129kmを走りきる(歩ききる)。

累積標高9,200m以上。

UTMFは7,000mくらいだったはず。

去年DNFしてますので大体わかってますが、鬼のゲレンデループ地獄ですよね。

129kmという距離でITRA6ポイントにするにはこうするしかないそうです。

そんなに無理しなくていいのに(笑)

必須装備品

上州武尊山スカイビュートレイル必須装備品

特に用意しておかないといけないものはなさそうです。

すでに持っているもので大丈夫。

しかし、去年夜のゲレンデで足を挫いてリタイヤしてますのでライトはしっかり準備したいところです。

昨日の記事に書きましたが、レッドレンザーはその為の購入です。

ウルトラスパイア の腹ベルト買おうかと思いましたが、レッドレンザー安かったので試し買い。

使ってみて良ければ大会の腹ベルトとして使います。

あとはドロップバックの中身ですが、いつもと同じくカップラーメンと着替え、テーピング、シューズ履き替え。あとはポール。

A5ではお湯の提供が有りますので、ラーメン食べよーっと。UTMFでもこれで回復したしね〜。

仮眠用に寝袋入れといても良いね。

コース

とにかく登って下っての繰り返し。

最初に剣ヶ峰と武尊山の難所。

これを超えたら無限ゲレンデループ。

その先は知らない。DNF。

いつも通り、序盤は後方からゆっくりマイペースで渋滞にはまりながらでも進む予定です。

ただ、ハマりすぎると時間を気にしないと行けなくなるのである程度は前でスタートしたい。

「みんなスタートダッシュまぁまぁ決めてたもんなぁ。」

やっぱり無理は禁物。ゆっくりいきます。

2週間後のハセツネもあるしね。

怪我はしたくない。

いつもより動画の撮影ボリュームも増やすつもりですので、割り切って頑張ります。

苦手な夜間、耐えられるかなぁ。

記事の更新情報はFacebookでお伝えしています。下記リンクから「いいね!」してくださいネ。

FB: http://m.facebook.com/kitrailchannel/

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ
トレランランキングサイト

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です