幅広シューズを求めて

スポンサーリンク



おはようございます。

足幅広男です。

次の大会は9月の上州武尊山ですので、まだ時間があります。

だからゆっくり探して行きたいと思います。

足の大きさ

私の幅広の足は本当に厄介で、最近よく出るウルトラを走ると浮腫むから後半さらにパンパンになります。

またフォームの問題か、100km(特にロード)を越えると右足のアーチが崩れて痛みが出る。

そんな私の足でもロングを走れるシューズを探しています。

みんなが履いてるシューズは履けないんだろうと思っています。

そこで気になってるシューズがこちら!

モンチュラビープビープ

ウルトラトレイルレースやスカイレースでの使用に特にお勧めのランニングシューズです。最大のクッションレベルと反応性を備えています。様々な地形やコンディションに適しています。上部の3D Dynamic WrappingとFast Lacingシステムの技術により、最適なフィット感が素早く正確に得られます。ソール/ミッドソールの特別なジオメトリとシナジー効果により、EVAミッドソールのクッション性と安定性が得られ、インナーESS(EVAスーパースキン)により、捻りを軽減し快適性を向上させます。 新しいMO-RUN 1専用Montura®デザイン、VibramによるMegagripコンパウンドは、すべての地形に優れたグリップとトラクションを提供します。

MONTURA BEEP BEEP (S3BT00X)のブログ記事を見る

いきなりのデメリットですが、高い!

他のシューズなら二足買えるよ〜!

でも私の足に合うなら買いたい!

教えた頂いたショップではこのシューズは幅広過ぎて履けないんだとか。

私の足に合ってるかも〜!

名古屋の展示会を教えて頂きました。

ここで見て決めようと思います。

そして、もう一つはかの有名なこいつ!

スポルティバ アカシャ

衝撃吸収性に優れ、幅広な足形の採用により、ロングトレイルや長距離トレーニングなど長時間の使用に向いています。アッパーには足の動きに追従する柔軟性を持ちながら形状を維持する「ダイナミックプロテクションシステム」を採用。インソールには悪路の衝撃から足を守る「クッションプラットフォーム」と、新システムを惜しみなく盛り込みました。

スポルティバは幅が狭いと言うイメージでしたが、アキラとアカシャは比較的幅広設計の様です。

アキラは今日履いて見て思ったのは、登山靴!って言うくらい安定性が凄い。

でもそこまで必要ではない。

というわけでアカシャが良さそう。

でもね〜、45サイズ(28.5cm)はもう無い。

これからネットで探してみます。

今日履かせてもらったアキラ44サイズでは、薄い靴下なのに幅がぴったり。爪先もぴったりすぎる。

サイズは45で間違いなさそう。

でもショップには無かったし、メーカー在庫も無いそう。

ネットで探したら無いことはなかったので少し悩んで決めます。

モンチュラと天秤にかけるか、両方買っちゃうか、どーしよーかな〜^ ^

ちなみにアルトラは悪くないんですが、スピードに乗れないというか、気持ちよく走れないんです。

ローンピークは28.5cmですが、トーリン、ティンプ、オリンパスは29cmで何かしっくりこない。サイズ感がぴったりくるのがちょうどない感じ。

またゼロドロップの走り方が出来てないんでしょうね。

アルトラ履くなら全部アルトラにしないと慣れないんです。

ただ走るだけならたまに履いても問題ないですが、ウルトラとなるとそうもいかないんです。感覚ですが(-_-)

とはいえ、UTMFの精進湖からの後半100kmはローンピークで問題なく走れました。

足に合えばなんでも良いから私の足に合った靴が欲しい。

記事の更新情報はFacebookでお伝えしています。下記リンクから「いいね!」してくださいネ。

FB: http://m.facebook.com/kitrailchannel/

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ
トレランランキングサイト

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です