飛騨高山ウルトラマラソン考察

スポンサーリンク



おはようございます。

昨日は疲れちゃって、結果のみお伝えしました。

色々上手く行った事、上手く行かなかったことを考察したいと思います。

まずは上手くいったこと。

①最後まで足が動いて走る事が出来た。

正直70km〜80kmあたりでバテると思ってましたが、意外と走れました。

②膝走法

劇下りが多く、足がパンパンになってからも膝を出す意識で走れました。今までなら止まってるって状況も足を出し続ける事が出来ました。

③脂肪で走る

これは、よくわかりませんが後半も走れた事を考えれば良い方向に向かってるのでは?と思ってます。途中サプリメントゼリーで補給もしましたが、食べやすく美味しかったです。

よくなかった事

①爪から出血

今回はホカクレイトン2で走りました。浮腫むときつくなってくるので、少しずつ緩めながら走りました。幅を合わせると下りで指が先に刺さる。悩み所です。

②ボトル

元々少し腰に違和感がありました。ボトルを腰にさすスタイルで行きました。最初は空でエイドで使うだけでしたが、途中半分くらい入れて走りました。それが原因で腰が痛くなってしまいました。しかも結局使わなかった。

③ロードの練習不足

ロードの劇下りなど練習してないので、序盤から股関節が痛くなりました。トレイルは足に優しいんだと実感しました(笑)

と言うわけでいくつか上げましたが、総合して上手く行きました。

なによりも最後まで動く事が出来たことは収穫でした。

MCTは何となく良い気がしてますので続けたいと思います。

走り以外にもお通じが良くなるとか実感してます。

大会関係者の皆さん、応援していただいた皆さん、私設エイドを出していただいた皆さん、前日から運転などで大変お世話になったドラさんありがとうございました^ ^

お陰様で楽しい2日間でした。

記事の更新情報はFacebookでお伝えしています。下記リンクから「いいね!」してくださいネ。

FB: http://m.facebook.com/kitrailchannel/

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ
トレランランキングサイト

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です