YouTubeのBGMについて

スポンサーリンク



[outline]

著作権とは

著作権(ちょさくけん、英語: copyright、コピーライト)は、明確な形を持たない無体財産(無形固定産)である。 主な無体財産は、書物、言語、音楽、絵画、建築、図形、映画、コンピュータプログラムなどである。 また、特性が類似する特許や商標も含めて、知的財産と呼称する場合もある。 Wikipediaより

今回はYouTubeにおけるBGM(音楽)の著作権についてです。

最近動画には興味があるんですが、なかなか手が出せなくて!という方がいらっしゃいますので、今回は著作権について書きたいと思います。

とか言いつつ先日のアプリ記事失礼致しました!反省。

よくある質問

「動画の中に著名な歌手の音楽を使用していますが、著作権侵害ではないんですか?」

よくある質問です。私も初めは思ってました。トレラン動画の巨匠古谷さんに聞いて教えてもらった内容になります。

内容に行く前に、YouTubeでは著作権侵害に当たる音楽が動画内で使用されていることは自動で検知されブロックされます。

だから、動画が再生できている時点でそれはクリアしているということになります

著作権の確認の仕方

まずは、クリエイターツールを確認します。

作成ボタンをポチッとすると

音楽ポリシーという項目が出てきました。

ここの検索画面に自分が使いたい歌手や曲名を入力します。

今回はONE OK ROCKと検索しました。

全ての曲は登録されていませんが、YouTube側で確認された曲が表示されます。

「Taking off」を見てみます。

再生 すべての国で再生できます

と書いてあります。これは使用許可をYouTube側で確認済みということになります。

収益の受け取り 動画の収益化はできません

この曲を使用した動画は収益化できないということを表しています。

逆に言うと収益化しなければ使用できると言うことです。

また、この曲の場合カバーして「歌って見た」動画をアップした場合は収益化が可能です。

この様に、すでにYouTube側で使用許可をとってくれている楽曲に関しては使用できるのです。

ただし、収益化はできません。

だから、私の動画も著作権の確認をして著名な楽曲を使ってきました。

誰でも再生できるわけではない

最近気づいたんですよ。

既述の通り著作権に関してはクリアしていても、デバイスによって再生できる場合とできない場合があります。

これはよくわかりません。また、Facebookのブラウザだと再生できないことが多いです。できる動画もあります。

YouTube側のシステムの問題なんでしょうね。

著作権者詳細の調べ方

これもクリエイターツールの動画を開けば出てきます。

例えばこのスパトレイルと野辺山の動画ですが、一番右に著作権保護されたコンテンツが含まれていますとスパトレイルには記載があります。

そして、マークも少し違いますね!収益化できない様に自動でロックされます。

その中を確認すると、

あっ!間違えて美ヶ原をスクショしてしまった。(泣)

まぁ同じです。この様に著作権者に収益化されていますので、この動画の収益は著作権者に行く様に自動で設定されます。

その他にも、動画内にその曲の広告を出すとか色々あります。

この様な仕組みになってますので、ポリシー画面で確認できた曲は堂々と使用できるんですね!

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ
ポチッと

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です