インスリンショック

スポンサーリンク



おはようございます。

土曜日は愛知池を走って来ました。

今回試したのが、着る熱中症対策とグルコース。

c3fit のクーリングタートルネック。

そして、ジューCのグルコース。

気温は27度 湿度37%

愛知池を4周。

一周毎に水分補給が出来るようにセッティング。(7km)

グルコースを2タブレットずつ、ちょいちょい食べながら走る。

3周終え、4周目体が重い。

そして、腹痛。

ブドウ糖は浸透圧が高い為、胃に負担が掛かる。

だからマルトデキストリン(粉飴)が良いんですが、粉末かジェルしかない。

今回はジューCを試したかった。

トボトボと歩き出した途端、頭がボーッとクラッときた。

これが、インスリンショックか!

もう走れない。

レースじゃなくてよかった。

後で調べたら、グルコースと水分は一緒にとらないといけないらしい。

別々にとってたので良くなかったらしい。

あとグルコースの取る量の問題。

飛騨高山では、もう少し減らして水分とともに補給し、1タブレットずつを原則としたいと思います。

まじ死んだ。

この後ディアディアでトムヤムクンラーメンを頂き、復活!

待てずすぐに食べ始めちゃったので汚くてごめんなさい。

ちょーうまかった〜(笑)

追記

c3fit クーリングタートルネックのレビューを忘れてました。

インスリンショックでそれどころではなかったですが、27度の日差しの中、不愉快な感じはなく快適でした。

劇的にスースー涼しいわけではありません。

直射日光を、避けつつ暑苦しくないって感じでした。

記事の更新情報はFacebookでお伝えしています。下記リンクから「いいね!」してくださいネ。

FB: http://m.facebook.com/kitrailchannel/

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ
トレランランキングサイト

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です