UTMF 2018 vol.2【大会レポ】

スポンサーリンク



UTMFのレポートvol.2ではA2麓エイド50kmまでのレポートです。

A1富士宮〜A2麓

このパートは難所の天子山地です!

とにかく長い!

富士宮では焼きそばがあるのかと思っていたら次の麓にあるそう。

残念!

気を取り直して走り始めます。

まだ林道とロードの繰り返し。

序盤のウォーミングアップにはちょうど良いのかもしれない。

今思うともう少し抑えたペースでよかったと思う。

ロードは明るいけど、少しずつ森の中は暗くなってくる。

闇が近ずいてくる気配を感じ、プレッシャーを感じ始める。

学校の横を通ると日常の風景に少し落ち着く。

でもすぐにトレイルに入る。

選手の間隔は少し開き始めるが、歩きのパートですぐに縮まる。

そんなことを繰り返し、まだ序盤だし皆淡々と走っている。

そしてついに天子の入り口に到着。

まだ元気だけど、少し緊張。

どんな登りが待っているのか。

見え難いけど、ぐちょぐちょトレイルだった。

昨日まで降った雨がそうしているようだった。

斜めに滑るトレイルは足首に疲労を溜める。

外に出るとまだ明るい。

これから夜のパートに突入だ!

山の中は一気に暗くなる。

ヘッドランプを点けて進んでいく。

周りに人が多いので、力強い。

「これが天子の登りか」

急峻な登りが続くが渋滞しているのでゆっくり進めた。

特に疲労もなく進めるが暑かった。

事前情報では非常に寒くなるとのことだったが、この時点では暑くて汗がポタポタ垂れていた。

地味な天子ヶ岳頂上に到着。

次に目指すは長者ヶ岳。

一度、下るが暗い山道。

足元に注意しながらゆっくりと下っていく。

長者ヶ岳の登りが始まった。

すでに少し眠くなっていた。

当日移動のため3時から起きている。

やはり前泊がオススメ!

眠くてこの登りは覚えていない。

それほど長くないと思う。

熊森山までの道のりは長かった。

走って登って歩いて動画とって下ってしてたらようやく到着した。

もう疲労が溜まっている。

こんな調子で100マイルいけるのか!?

 

下りでは滑って転倒しそうになる。

前日の雨の影響でズルっと滑る。

今は足があるけど、後半なら転倒してしまいそうだ。

この登って下ってを繰り返していると体に異変が起こる。

「胃が痛い」

少しの痛みを伴う吐き気。

まだ実際に吐くほど重症化していない。

当日移動している時点でおにぎりを食べられなかった。

スタート前から胃の調子は悪かった。

このままでは100マイルなんて無理だ。

次のエイドで休もうと決めて歩いた。

ようやくA2麓50kmに到着。

このエイドで1時間睡眠を取り、回復を待った。

652位まで落ちていたが、時間はまだある。

胃の調子も少しましになったので、エイドで焼きそば(最後の一つだった)を頂いてスタートする。

UTMF 2018 vol.3【大会レポ】

記事の更新情報はFacebookでお伝えしています。下記リンクから「いいね!」してくださいネ。

FB: http://m.facebook.com/kitrailchannel/

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ
トレランランキングサイト

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です