UTMFの結果

スポンサーリンク



おはようございます!

UTMFに行ってきました^ ^

始めて会場に行きましたが、なんかいい雰囲気。

そして、今回驚きだったのは参加者の25%が外国人らしい。

そんなに多いとは思いませんでした。

大会当日移動で当日受付予定だった為、余裕を持って3時起き4時出発で北麓駐車場に向かいました。

おにぎりを作ってもらっといたわけですが、あまり食が進まず。

スタートは15時だったのでお昼ご飯を食べておかないといけません。

マルシェで焼きそばとカレーを食べました。

カレーは子供向けの物で正直、スキー場のカレーレベル。

多分カレーの色したシチューご飯が正しいと思う。

そして、スタートしてまず発生した問題!

胃が痛い。

気持ち悪い。

食べられない。

次の間までのエネルギーが足りません。

まだ、かろうじてオレンジとバナナは食べれた。

しかしたくさん食べてもガス欠でフラフラで次のエイドに向かう。

そして、後半起こった問題!

睡魔!

これは、胃も関係していて何故か腹が減りすぎると急激に眠気に襲われた。

フラフラ蛇行しながら前を進んだ。

A2麓

胃が痛すぎて1時間仮眠する。少し良くなり焼きそばを食べて再出発。

A3本栖湖

さらに胃の調子が悪化。

眠気も合わさって最悪な状態。

ここでは1時間半睡眠するも、良くならず。リタイヤを考えたが関門までまだ4時間あったので再出発!

A4精進湖

ドロップバックに入れたカープヌードルシーフード味キングサイズを食らう。

胃の調子が悪かったが、なぜか食べられた。何も受け付けないわけではないようだった。

ここから、胃が復調の兆しを見せる。

A5勝山

胃が復調してきたおかげで、ここは走れた。

かなり抜いた。

A7〜A8

ここが1番キツかった。

高低差表でチェックしていたが、こんなコースは載ってない!

こんなもんじゃなかった(泣)

かなりここで消耗した。

そしてA8二十曲峠

寒い、眠い、胃が痛いの3重苦!

石川弘樹さんが「ここで休んでるくらいなら少しでも歩いて前に進んだ方が良い」との事。

行かないと終わらないから行くことにした。

杓子山。

何も知らなかった。

てかほぼ縦走やんてくらい山から山へ歩き続ける。

一体杓子山はどれなんですか。

と問い続けていたらこのパート4時間半かかった。

林道では眠気でフラフラして、一瞬意識を失いながら進んだ。

A9富士吉田

ここで、20分ほど寝たら治った。

うどんもめちゃめちゃ美味しくて私の胃でも受け入れてくれた。2杯も。

おかげで最後のパートも越えることが出来て無事ゴール!

42時間!

もうタイムとかじゃなかった。

こんな状態でゴール出来ただけでも奇跡。

本栖湖では絶望でしたし、リタイヤをいつするかの葛藤で有り、完走のふた文字は頭になかった(笑)

睡魔と胃腸障害

これの練習は出来ないからなった時に対応しないといけない。

 

最後に、UTMF開催の為奔走して頂いた鏑木さん、立花さんを始め大会関係者の皆様、ボランティアの皆様、会場に来れなくても応援して頂けた皆様、そして家族、皆さんの支えがあって完走する事が出来ました。本当にありがとうございました。

記事の更新情報はFacebookでお伝えしています。下記リンクから「いいね!」してくださいネ。

FB: http://m.facebook.com/kitrailchannel/

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ
トレランランキングサイト

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です