スパトレイル72km【大会レポ2017】2/3

スポンサーリンク



後半戦のスタートです。

前回35km地点の野反湖ビジターセンターに到着しました。

A2〜A3 根広ねどふみの里

ここでは舞茸うどんをたらふく食べました。

「やっぱり固形燃料に限る!」

休憩している間に寒くなりました。

38kmの選手が追い越していきますので、道を譲りつつマイペースで進みます。

対岸の見えている所も走ってきた道です。

「天気さえ良ければ、、、」

暑いのですぐにレインは脱ぎました。

ここは40km地点のコース最高点弁天山1653mです!

「何度も言うけど、天気さえ、、、」

最高点から下り始めは急峻なトレイルでした。

ロープを持って進みますが、持たなくてもかろじて下れる程度でした。

「カメラ撮って余裕見せといてこけたら恥ずかしい」

と思いながら気をつけて進みました。(笑)

がっつり下ってきました。

だいたい700mくらい下りました。

ここがA3 根広ねどふみの里 です。

47km地点 標高985m。

「豚汁うみゃ〜。」

A3〜W2 天龍橋

このパートはアップダウンが続く耐えどきです。

まずは下っていきます。

下ったら登る。これ常ですね。

「落石注意!読んでる余裕なかった(汗)」

「登りまっせ〜!」

それほどでもないですが、そりゃもう疲労溜まってますからしんどいですよね。

鏑木さん「将来でも過去でもない”今を”楽しもう」

鏑木さんのメッセージは格言系です。

松本さんとの緩急が素晴らしいバッテリー。

見晴らしが良い場所に出ました。

「もう疲れて走れません!」

今思うとちゃんとこう言うところで燃料補給すべきですね。

この頃はそう言う事考えてませんでした。

「気持ちぃ〜トレイルはなぜか走れる〜」

トレラン好きな人って基本こう言うトレイル好きですよね!

走りやすい少し下ってるトレイル(笑)

ロードに出るとテンションが下がる。

「まぁ太陽出てないだけマシ」

アスファルトが熱くなってなかったので、良かったです。

見えないと思いますが、猿が応援してくれました。

「違うか〜。」

この先に確か天龍橋W2があったと思いますが、撮影ミス!

W2〜A4ふるさと活性化センター

濡れた髪もすっかり乾きました。

登りをダラダラ登って気持ちいい下りを気持ちよく走ったら、

「なんと不思議なのでしょう!服が乾いてるではありませんか」

川が温泉色なのか茶色になってました。

「あんなところに登りが!」

あの程度でも嫌になる年頃。

そしていよいよメインディッシュがやってまいりました!

「706段頑張っていきましょう!」

当時大会中はわかってなかった(汗)

編集してる時に初めてこんなにしんどい場所だと気づいた。

「階段大好き〜、階段大好き〜」

暗示をかけても効果はありません。ご注意ください。

滝の水で顔を洗い、クールダウン。

「この先まだあるんかーい!」

とりあえずみなさんを代表して突っ込んどきました。

やっとこさ帰ってきました。

ここが天龍橋です。(行きでは取り忘れ)

いきはテントを左から右へ行ってぐっると回って戻ってきました。

ここから左へ来た道を戻ります。

500mほど行くとA4です。

関門15時20分

標高960m

「ジェルが腹にきて気持ち悪い」

熱中症になるような暑い日にジェルは飲むもんじゃない。(個人的な見解)

スパトレイル72km【大会レポ2017】3/3

記事の更新情報はFacebookでお伝えしています。下記リンクから「いいね!」してくださいネ。

FB: http://m.facebook.com/kitrailchannel/

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ
トレランランキングサイト

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です