アクションカムの風切り音対策(HDR-S300)

スポンサーリンク



[outline]

アクションカムの風切り音対策

この記事も過去の引越しです。

比較的最近の投稿ですね。

今は取れてしまって新しくつけてないですが、これは当分役に立ちました。

問題は雨で中まで濡れた時に逆にそこに水が溜まってハウリングを起こしてしまうことですね。

ファーがついてると拭けないので雨の日はない方がいいかも。

過去の投稿

こんにちは、こんばんは1トンです。

走る練習が出来なくなったのでアクションカムを改造しました。
表題の通り風切り音対策です。
風が強いとゴーゴーうるさいんですよね。
編集で音量を調節してますが他の音も小さくなるので少しでも風切り音は軽減したい。
てな訳でまずは材料調達。
フェイクファーのみです。
両面テープはホームセンターで買って来ました。
名古屋市名東区の布伝説!
なんでもありそう。
女性がうじゃうじゃ。
男性客は一人だけ。
20cm分購入で216円。やすー!
こりゃ伝説やわ。
では帰って早速行ってみましょう!
材料はこんなけ。
一回両面テープを貼っつけました。
使うのはこっち側。これを型紙にして両面テープに穴を開けます。
スピーカーの穴を開けまして〜
フェイクファーを貼っつけて〜
サンタクロースの出来上がり〜
ホワホワがレンズに入るので整えて完成!
まぁこんなもんでしょう。
フーフーしてみましてが、まだ結構ゴーゴー言ってます。
軽減されてるとは思います。
いや思いたい。

SONY HDR-AS300

空間光学ブレ補正をソニーのアクションカムに初搭載

ソニーのハンディカム(R)に搭載されている「空間光学手ブレ補正」機構を、アクションカム用に新規開発。ブレ補正能力が従来(*)より大幅に向上し、サイクリングなどのアクティビティ中に発生するブレを補正して、鮮明な映像記録を実現します。ハイスピード記録でも圧倒的なブレ補正効果を発揮します。

この空間光学手ブレ補正が強烈です。まだSONYにしかアクションカムでは実装されていません。これを理由に SONYを使っていると言っても過言ではないです。GoProは電子式手振れ補正なのでランニングの手ブレには耐えられません。スタビライザーをつければ良いですが、費用もかさむしそれを持って100mileは厳しい。そして汗で水没の恐れもある。Feiyuから防水仕様のものもあるが、これまた高くなる。よって今はSONYがランニング動画ではマストバイ!


 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です