ルーファス8 1年使用レビュー!

スポンサーリンク



おはようございます。

最もヘビロテで使用しているルーファス8の1年使用レビューです。

発売当時はものすごい人気でしたね!

ルーファス8とは

日本のプロトレイルランナーである石川弘樹氏と共同開発されたグレゴリーの次世代のルーファスは、唯一無二の身体を包み込むデザインでパーフェクトな安定性とバランス性、また自由な体の動きを妨げません。サスペンションは荷重を背中の中心に維持するようにデザインされ、シームレスな体の動きを提供します。 ルーファスはスマートフォン、エナジーバーやスナック、グローブやライトウェイトシェルを収納できるクイックアクセスポケットやごみを収納できるポケットを備え、2Lのリザーバーを収納可能。あなたのランニングのペースを安定させます。 広大な砂漠、岩の多い海岸線、または地元の丘でのトレイルランニングにおいてもルーファスはエネルギー消費を抑え、あなたを新たな高みへ連れて行ってくれることでしょう。

FEATURES製品特徴

  • オープンポケットを装備(ハーネス)
  • iPhone6対応、ジッパーポケット(ハーネス)
  • サプリメント専用耐水ベルクロポケット(ハーネス)
  • ヘッドランプなどが収納可能なストレッチボトムポケット(ハーネス)
  • サイドコンプレッションベルト(パック)
  • パックのコンプレッションを兼ねたフロントのバンジーコード(パック)
  • リフレクタープリント(パック)
  • リザーバー専用スリーブ(パック)

グレゴリーのページ

現在のザック達

私は、今サロモンS-LAB SENSE SET 、ザイゴス2.0、ルーファス8の3つを使い分けています。

容量がサロモン3L、ルーファス8L、ザイゴス10Lです。

最も良く練習から使うのがルーファスです。

非常に気に入っており、今後も使っていく予定です。

今回は良かった点、イマイチな点をレビューしたいと思います。

(個人差があるので、あくまで私見です。)

良かった点

  1. カッコ良すぎ!
  2. 収納力抜群!
  3. ポケットへのアクセスが良い!
  4. 荷物が少なくても絞って体に密着できる!
  5. 大きい携帯でも収納できる!

まず、皆さん最初に思うのは石川さんのプロモ画像がカッコ良すぎる!って事ですよね!

安心してください!あれは石川さんだけです!(笑)

ルーファスを使っていて良かったのは小物入れがたくさんある事です。

アクションカム、補給食、携帯、ライト、アウター、フラスクなどが直接アクセスできる位置に配置されているのでザックをおろす必要がありませんでした。背中の収納部分に手が届かないザックもありますが、ルーファスは届きました。

メインの荷室は2つあります。奥のメッシュになっている所がバイドレーション用、手前が荷物入れですね。8Lですのでそれ程容量は大きくないですが、十分トレランの装備くらいは入ります。

  • レインウェア上下
  • エマージェンシーシート
  • 応急処置用品
  • ライト
  • 補給食多め

これくらいはメインの荷室だけでも入ります。もっこりしますが(笑)

小物のポケットを使えばまだまだ入ります。

メインの中のポケットは鍵を入れておけるポケットがあります。貴重品を防水ケースに入れてから収納してます。

小物ポケットは全てチャックはありません。身につけて走っているときは落ちません。ポケットが手探りではわからなくなる事があるので、慣れが必要です。私はまだ慣れてません(笑)

私はここにアクションカムを入れてますが、携帯入れのところに携帯と補給食一つくらい入れておかないとブカブカで飛び出るかもしれません。飛び出たことはありませんが、怖いです。

背面下には2つのポケットがありますね!これはルーファスといえばこれって感じですよね!

脱いだレインやアウター、手袋をザックを背負ったまま入れれるので使いやすいです。

ただこのポケットには問題もあります。(最後に記載)

イマイチな所

唯一イマイチなのが、鎖骨が擦れていたくなる事です。

紐を引っ張ると体に密着するようになっていますが、紐が太いのでキュッと締まる感覚があまりありません。

ちゃんと締めれてれば揺れが抑えられてこの擦れもマシになるかも知れません。ただ20kmくらいで鎖骨が痛くなります。対策としてはテーピングを鎖骨に貼っておけば痛みは出ません。たまに忘れるので、その日は赤くなります(泣)

右胸元にあるドリンクホルダーです。右にしかないので左右の重さが違い右の鎖骨が痛くなります。

あといくつか不具合が出た所もあります。(別に不満ではありません。使い方の問題です。)

このゴムの留め具がバカになりました。絞っても緩むので飛び出しちゃいます。

見にくいですが、フラスクにゴムを通しておけば飛び出ませんが鬱陶しいです。

話は変わりますが、二本のハーネスですがあまり余裕がありません。お腹出てたら閉まりません(笑)

耐久性ですが、一年使ってほつれや写真の様な剥がれはありますが、個人的にはこんなもんかなって思います。

教えてもらったんだけど

これは聞いた話ですが、ルーファス8は逆三角形で重い荷物を高い位置に持っていける様にデザインされていて重さを感じにくい様になっているそうです。

ただ、残念ながら背後の二つのポケットに重いものを入れると逆に重く感じてしまうそうです。(写真下の2つポケット)

だいたいフロントにフラスク1つしか入れれないので背後に500mlのフラスク入れるんですが、それでは重くなるらしいです。(汗)

アウターや手袋とか軽いもの入れの方が良いのかな?

個人的には500ml入れてますが、あまり重さは気にしてません。

だから鎖骨が痛くなるのかな?

色々書きましたが個人的にはこのかっこいいルーファス8気に入ってますし、使ってて楽しいです!

この投稿がされた頃は京都2周トレイル中です(笑)

記事の更新情報はFacebookでお伝えしています。下記リンクから「いいね!」してくださいネ。

FB: http://m.facebook.com/kitrailchannel/

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ
トレランランキングサイト

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です