ATミニ2開封&レビュー(引っ越し)

スポンサーリンク



[outline]

ATミニ2開封!

こちらのブログも過去からの引っ越しです。

この時は気づいてませんが、ピリピリ感じるのは間違った使い方らしいです。(泣)

ATミニ2とは

 

2チャンネル出力で、さらに効果的な治療ができる。

2チャンネル出力になったことで治療の効率が上がり、損傷した筋肉に効果的に働きかけます。常に極限で戦うアスリートのコンディショニングをさらに強力サポートします。

使う場所を選ばない、超軽量・コンパクト設計。

本体重量わずか60g(充電池含む)、サイズも極小。ロッカールームや自宅はもちろん、グラウンドや移動中など、好きな時に気軽に使えます。

筋肉リフレッシュに最適な、MCRを搭載。

MCRとは、Microcurrent(マイクロカレント=微弱電流)のこと。もともと人体に存在する電流に似たマイクロ電流を体内に流すことで、傷ついた組織の修復を早め、損傷部の治癒を促進します。ほとんど刺激を感じない極めて弱い電流なので神経や筋を興奮させないため、運動後の筋肉痛の軽減に有効です。

12時間の連続使用が可能。

リチウムイオンバッテリーにより、最大12時間の連続使用が可能。この小ささで、スタミナも一流です。

選ぶだけですぐに使える、3つの治療モード。

操作方法はとてもシンプル。「MODE」と「LEVEL」を選ぶだけで、治療がスタートします。

COMB 〈鎮痛+治癒〉 ALLタイムケア

トレーニングを終えた全てのアスリートに効果的な、鎮痛と治癒を組み合わせたケアモードです。

CARE 〈治癒〉 OFFタイムケア

移動中や休憩中などの体を休めている時にも、トレーニングで損傷した筋組織の治癒を促進します。

PAIN 〈鎮痛〉 ONタイムケア

トレーニング中など、現場で起こった捻挫や筋肉・関節の痛みといった急なアクシデントに有効です。

過去のブログ


こんにちは、こんばんは1トンです。

皆さんはATミニ2をご存知ですか?
簡単に言うと低周波治療器です。
他のものとの違いはコンパクトで持ち運びできるし、首からぶら下げて治療しながら動ける。
またこれの特徴は微弱電流にあるみたいです。人間の体は修復しようとする時微弱電流が患部に集まってくるそうです。
この装置はその微弱電流を、流す事で修復を早める事を目的としている様です。
右足くるぶし上の痛みを取るために導入しました。
お値段4万3千円なり!
高い!
ストラップとパットの換えが付いてました。
初めて電源を入れた時、痛めている右足くるぶし上だけピリピリ感じました。
他は何も感じません。
つけたまま寝ます。
たまたま私の上に布団干しが有るので点滴スタイル^ ^
ちなみに効果ですが2日続けて今日走りましたが痛みは出ませんでした(5km)
今週の野辺山100kmで確認ですね。
効いてる気はしますねー。
プラセボ効果でも痛みなくなったしいーよね〜。
今日は奥三河後張ってる左ケツ〜ハムまでをピリピリさせて寝てみます。
もうめんてなんすふりーな年ではないって事ですね。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です