UTMFの靴を考える

スポンサーリンク



UTMFまであと91日になりました。

そろそろ靴を決めないとというわけで日々考えているのですが、なかなか決められず。

2月10日からの京都でトレイルフェスト主催の京都一周トレイル2周170kmに申し込むつもりですのでそれまでに決めたいと思います。

イベントでは私用の制限時間があるので、途中で止めるかもしれませんが、本番と同じ靴で行くつもりです。

今ある靴達です。

全部使ってますが、現在のレギュラーが上の段3つです。

左からクレイトン2(ロード)、テクニカシュプリームマックス、サロモンセンスライド。

足幅が3E以上あるので、長距離走るとこの辺のシューズも小指のあたりの痛みが出て来ます。

80kmくらいまでなら良いと思いますが、100km超えたらどうなるのか分かりません。

HOKA CHALLENGER ATR4

トレイル用のクリフトンと呼ばれることも多いCHALLENGER ATR 4(チャレンジャーATR 4)。すっきりとしたデザインに通気性の高いアッパーを採用しています。クリフトンと同様に、軽く、速く、非常にスムースな走り心地です。クリフトンとの違いは、アウトソールの複数のラグにあります。かかとに向かう多くのラグは、滑らかで安定した走りを可能にし、ぜんそく部の幅の広いラグはトレイルや濡れた路面でグリップ力を提供します。また、どんな路面でも汎用性とサポート力を発揮できるよう、爪先ガードを大きめにするなどアッパーの必要な部分の耐久性を高めました。さぁ、この全路面対応(ATR)シューズを履いて走りに出かけましょう。
2018/1/15発売HOKAONEONEホームページより

そこで考えているのがホカチャレンンジャーATR4です。

このシューズは初代から全てはいて来てますし初めての距離に挑む時はいつも一緒でした。

そのチャレンジャーが4に進化したと!

UTMFもこの子と行くか。

(下記画像もHOKAONEONEホームページより引用しています。)

早速ポチるぞ!

なんかシュッとしましたね。

私の足で入るのか心配です。

アッパーを改良したそうです。見た目からメッシュの違う素材になったのが分かります。毎年アッパーは改良されて来ましたが、私の場合小指の横が破れます。今回はどうでしょうか。

ホカのホームページで販売してました。

いえーい!

サイズ選択ぅ〜!

えっ!?

28.5cm在庫なし、、、、。

もう売り切れ!?

色変更して選択ぅ〜!(画像では色変更出来てませんが確認済みです)

在庫なし、、、、。

これはもしかして日本に28.5cm入って来ないの?

そんな事あるかいな〜(笑)

28.5cmの人いっぱいいるし。

そこ外すわけないよね!ホカさん!

28.5cmだけ売れすぎたに違いない!

アウトソールは相変わらずの貼り付けソールでした。

コスパが悪いですが、これもチャレンジャーらしいと割り切るしかないですね。

まだ店舗に入荷してないのかな〜。

記事の更新情報はFacebookでお伝えしています。下記リンクから「いいね!」してくださいネ。

FB: http://m.facebook.com/kitrailchannel/

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ
トレランランキングサイト

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です