ボトル沼〜ハードボトル編〜

おはようございます。

ウルトラやってるとあれこれこだわりが出始めて沼に行き着くことがあります。

そんなボトル沼にハマっております。

そもそも、走り出した頃はハイドレーションを使ってましたが、カビを生やしてしまってからはフロントボトルが使いやすいという事で、ソフトフラスクをずーっと使ってきました。

ただ、レースではソフトタイプも良いんですが耐久性の問題や飲んでいくと潰れて下の方に落ちてしまったり、水分が入ってないとザックにしまいにくかったり、そもそもフロントが窮屈だったり、飲み口の下あたりが胸に当たって長時間走ってると痛みが伴ったり、デメリットも上げ出したら止まらなくなります。

もちろんハードタイプでも、ずっと水分がボトル内でジャカジャカうるさいし、揺れるし、硬くて干渉するし、デカいし、重い。

ソフトタイプからこの夏はハイドレーションに戻ってましたが、やっぱり補給がめんどくさい。

というわけで、ハードボトルを検討しています。

自宅にあるハードボトル達。奥二つはシンプルハイドレーション(ズボンに挿すタイプ)とフリップベルト専用ボトルなので、使い道が違うと言うことで今回は除外。

ザックも持たない時、専用です。

created by Rinker
フリップベルト(FlipBelt)
¥3,019 (2020/10/19 21:57:27時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
フリップベルト(FlipBelt)
¥1,191 (2020/10/19 11:24:20時点 Amazon調べ-詳細)

モンベルのプルトップアクティブボトルはストローが付いてるので主に自転車で使用してます。

created by Rinker
モンベル(mont-bell)
¥1,279 (2020/10/19 21:57:28時点 Amazon調べ-詳細)

決勝戦

さぁ決勝戦はこの三つ!

左から

ネイサン スピードドロー 532ml

answer4 Purist Bottle 650ml

ネイサン トライアングルのボトル 650ml

となっております。

この三つでまず違うのは容量です。一般的に500mlのソフトフラスクが多いと思いますが、650mlと大きめタイプが多い。スピードドローのみ532ml。

ネイサンのトライアングルはウェストポーチタイプのものについてたボトルです。私が買ったのはハンドボトルタイプでしたが今は無いみたい。ハンドボトルタイプはスピードドローになってる様です。

created by Rinker
ネイサン(Nathan)
¥3,003 (2020/10/19 22:24:47時点 Amazon調べ-詳細)

answer4のボトルは底面が細くなってるのでザックに差し込みやすい。

サイズ感

answer4とトライアングルはほぼ同サイズです。氷を入れるのも簡単な大口径となっており夏場は使いやすい。

逆にスピードドローは氷が詰まるが押し込めるレベル。コンビニで買えるカチワリ氷なら入らない。

容量が少ない分スピードドローは薄く出来ており窮屈感は感じにくい設計。

ザイゴスのフロントに挿してみた。

明らかにスピードドローが快適で answer4とトライアングルは窮屈で外側の小物入れにスマホを入れるとかなり窮屈になってしまった。

重さ

あまり実感として差は感じませんが数値としては answer4が一番重くスピードドローが一番軽い。容量の違いがあるのでこれは当たり前か。

長さ

トライアングルのボトルが一番長い。少しの差だけどこれが意外と大きかった。

今後のビワイチで使う予定のクロスランナーは背後に挿すタイプ。

後ろに挿した方が軽く感じます。そんなに急いで飲むこともないのでコレにしました。

トライアングルのボトルでは腕振りが当たってしまう。 answer4だとギリギリカスってしまう。スピードドローだとギリギリ当たらない。腕振りは個人差があるので何とも言えませんが、走ってれば忘れるので気にしなくても良いかもしれないけど、スピードドローが一番干渉しにくい印象。外側に飲み口が曲がってるのもその要因。

水のでかた

スピードドロー:ぼちょぼちょ

トライアングル:ピュー

answer4:ビーーーーム

answer4の飲み口は凄くて飲み口を上に開けて出る状態にしても出ません。押すか吸うかしないと出ない設計になってます。ある程度圧をかけると出るのでビームのように勢いよく出ます。

それもあってグビグビ飲むとボトルが凹んで元に戻るのに空気の取り込みがされにくくネイサンに比べると元に戻りにくいです。

ネイサンは飲み口を開けてひっくり返したら出ます。逆に言うと飲み口が開いてたらすぐに漏れる。

材質

ハードボトルと言いつつも、3つとも押し込める程度のよい硬さのハードボトルです。

本当の硬いハードボトルとソフトフラスクの間って感じ。

ネイサンの二つは同じ素材で柔らかく押し込みやすく耐久性も強そうです。

answer4も押し込めますが僅かにネイサンよりも硬めです。

フロントに挿したままボトルを押し込んで飲むと、ネイサンは半分くらいまで飲めますが answer4は半分までは飲めませんでした。

結論

個人的にはネイサンのスピードドローがオススメ。容量と形状が合うザックであれば非常に使いやすいと思います。

created by Rinker
ネイサン(Nathan)
¥1,980 (2020/10/19 21:57:29時点 Amazon調べ-詳細)

独特に反った形状をしていてフロントに入れても背面に入れてもうまく体にフィットして痛みが伴うこともありません。

ソフトフラスクの硬いところが当たるのがメチャ嫌いだったのが解消。笑

価格も一番安いし良いね。

また、ザックによって利便性には差がありました。

answer4のフォーカスライトに挿す場合、純正品のPuristボトルはぴったりんこ。

スピードドローもちゃんと入るし窮屈感はさらに弱いのでコレもオススメ。

ただ、トライアングルは底面の形状的に入れにくかったのでお勧めしないです。

うーん、結局使い道と人それぞれの好みで変わるので沼は続きます。

久しぶりブログらしいブログ書いたなぁ。笑

膝の神『ひざ小僧』1日1ポチ

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ

facebook   プロフィール

お使い中のトレラン用品のレビューのご協力をお願い致します。トレイルランナーのトレイルランナーによるトレイルランナーの為のサイトです。リンク大歓迎です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です