音羽山100備忘録

おはようございます。

先日の音羽山100のリベンジの時の為に備忘録を残しておきたいと思います。

27km×6周で100マイル。

4周で終わりましたが、次回リベンジする時は完走するぞ!

準備編

特に何も準備しなかった。笑

装備はファーストエイド、レイン上下、マイカップ、点滅ライト、ヘッドライト、ハンドライト、携帯、財布、飲み物1L、パン色々、メイバランス、ストック。

車に、飲み物、カップ麺、パン類、お湯。

着替えは用意してたけど一回帰宅したので使わず。

行程

ラップタイムは5時間台が多くそれほど変わってなかった。2周目が終わった時点で心が折れて帰宅してお風呂入って洗濯して就寝。6時間睡眠して朝6時に起床。6時40分には再スタート。

1周目終わった後にコンビニへ行き、蕎麦大盛りとコーラを摂取。インスリンショックにより低血糖の症状。2周目の音羽山の登りで死す。

途中のベンチで10分ほど寝込む。フラフラと登り切って鳴滝不動までの下りで体が動き始める。

富士見台のロードに出た所でほぼ回復。自販機までロードを走って補給。1Lではドリンクが足りてなかった。自分の場合、汗を多くかきナトリウムが人一倍出てしまう。

水での補給では体の重さは戻らない。スポドリで補給するべき。

モリン【ラーメン】まであと10分で最後の劇坂を下っていた。他の参加者とダッシュでモリンに向かうも3分間に合わず。

一度インスリンショックになった体ではこのまま続けるのは厳しいと判断。ビワイチも含めて徹夜で走る事を繰り返すと体に悪いので一度帰宅。

ビワイチで出来た汗疹で全身が痒くてお風呂に入りたかった。笑

翌日3周目をスタート。みんなは4周〜5周目に入ってた。自分のペースで開始。足の張りはあるものの体は軽くなってた。睡眠って大切。

5時間半で3周目を終えて、カップ麺を一つ食べたら再スタート。4周目は調子良くスタート。

もうこれで最後と決めてたので、あまり足の事とか気にしないでマイペースに進む。1周目と同じ感覚で進むもやはり遅れていく。

下りの足が売り切れ始めたのはこの辺り。富士見台の下りで痛みが増し始め、千頭のアップダウンではかなり体が重くなってきていた。

メガソーラーまで出れば走れるコースだと分かってたのでそれなりに走って進む。

音羽山頂上からの下りでは最後なので走ったものの足は売り切れ。下りの足が出来てなさすぎで100マイルなんて無理だった。

ビワイチでロングを走ることには慣れてるものの、下りの足はちゃんと作っておかないと無理だとわかった。

登りに関してはストックのおかげで余裕を持って行けた。

次回やるなら、

  • 下りの足作り
  • ドリンクは多めに、塩ラムネもいるかな
  • マイエイドを何処かに置く
  • エイドで食べ過ぎない
  • ペースはいつも通り守る
  • 下りで攻めない

これで、行きたいと思います。

膝の神『ひざ小僧』1日1ポチ

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ

facebook   プロフィール

お使い中のトレラン用品のレビューのご協力をお願い致します。トレイルランナーのトレイルランナーによるトレイルランナーの為のサイトです。リンク大歓迎です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です