トレラン動画でSONYを使う訳

スポンサーリンク



おはようございます。

YouTubeに動画を投稿し始めて2年になりました。

私がGoProではなくソニーを選択する理由を記事にしたいと思います。

トレラン動画で必要な機能

これは手ぶれ補正です。

現行モデルではGoProにも手ぶれ補正機能は搭載されています。

そこで違ってくるのは、電子式なのか光学式なのかってことです。

ほとんどのカメラは電子式手振れ補正が搭載されておりメリットとしては比較的安価だということです。

ただGoPro自体が高いのでアクションカムではこのメリットは感じません。

編集ソフトでも手ぶれ補正をかけることは出来ますが、変な歪みが発生しますので、できるだけ使いたくありません。

ソニーも先代のHDR-AS200、HDR-X1000では電子式手振れ補正でした。

ソニーの現行型HDR-AS300、HDR-X3000から空間光学手振れ補正が採用されました。

電子式手振れ補正とは

イメージとしてはこんな感じだと思います。

本来の画角よりも狭い画角にしてこの矢印の範囲内の手ぶれを補正してくれる機能が電子式手振れ補正です。

ですので、画質が悪くなります。外付けのスタビライザーがないとトレラン動画としては厳しいです。

ジャイロセンサーなど部品が必要ないので安価なはずです。(本来なら)

空間光学手ぶれ補正とは

ソニーのホームページにあるこの画像が一番分かりやすいと思います。ソニーのホームページはこちら

空間光学手ぶれ補正はレンズユニット自体が手ぶれを感知したら動く機能です。

ですので電子式のように画角が狭くなりませんし画質も劣化しません。

何よりも、手ぶれ補正の力が圧倒的に良いです。トレランにおいて外付けのスタビライザーをつけないならソニー一択です。

小さいスタビライザーを搭載しているようなイメージだと思います。

スタビライザーについて

スタビライザーは以前使っていました。FeiyuTechの物を使っていましたが、安定性に欠けており取扱注意で怖いんです。

最近は生活安全防水もついてますが、それでも怖い。

ハウジングに入れたままスタビライザーが使えるようになりましたが、ソニーはハウジングに入れると音声が入りません。

何よりも、最近ロングディスタンスのレースに出るようになりスタビライザーを持つと言うことはリスクが大きいです。

邪魔、破損、電池、などなど。

UTMFを全線撮影するためにはスタビライザーを持たずに撮影ができないといけないと思っていました。

そんな時に発売されたのがHDR-AS300でした。

feiyuのホームページ

レンズの違い

HDR-AS300とHDR-AS100のレンズの違いについてです。

現在はZEISSのレンズが採用されています。詳細はよく分かりませんが、歪みがなくなったように感じています。

こちらはHDR-AS300

こちらがHDR-AS100です。

画質の違いもありますが、HDR-AS100は木が歪んでしまっています。

HDR-AS300ではかなり改善されました。

ソニーのデメリット

熱暴走によるピントの定点化と言う不具合があります。

私も白馬国際の動画でそれを経験しています。

近距離にしかピントが合わなくなり終始ぼやけた動画になってしまいました。

トレラン動画撮影の技術について

普段撮影していてどのように撮影すれば手ブレしにくいか何と無くつかんできました。

まだまだ技術面でカバーしていかないといけないので研究途中です。

大体脇を締めて胸の横で構えるスタイルがスタンダードですが、これでは下りでは結構揺れてしまいます。

気をつけをした状態の手をピンと下に下げた状態で地面スレスレを撮影すると手ブレが少ないです。

また法面の近くにカメラを寄せると手ブレが少なく見えます。

現状ではイニシャルD並みのコップに入った水をこぼさないイメージで走るしかないですね。(練習中)

今後の期待

現在海外ではRevlというアクションカムがZ軸の手ぶれも補正できるアクションカムを発売しました。

以前から注目していたカメラですが、こちらも電子式の手ぶれ補正ですので、トレランとしてはまだ早かった。

Revlのように左右の傾きも補正してくれるアクションカムで空間光学手ぶれ補正を搭載した新モデルをソニーがやってくれると信じてます。(笑)

Revlのホームページ

記事の更新情報はFacebookでお伝えしています。下記リンクから「いいね!」してくださいネ。

FB: http://m.facebook.com/kitrailchannel/

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ
トレランランキングサイト

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です