GarminにGPXを使ってコースを取り込む方法

おはようございます。

山へ行く時はGPSと地図を持つのが安心ですよね。地図読みが苦手な私はGPSに頼りがちですが、Garminのforeathlete945でもナビゲーション機能がありますので取り込み方を記事にします。

ほかのモデルも同じですし、何ならジオグラフィカなどのアプリへの取り込み方法も同じです。

GPXデータをお借りする

まずは、過去に自分で行ったことがあり、ログをお持ちであればそのまま使えば良いですが、行ったことない所ほど取り込んでおきたいですよね。

また、自分でGPXファイルを作る事も可能ですが、好きじゃないと出来ないので私はやりません。笑

てか、いつもお友達がくれる。笑

という訳で、今回はヤマレコからお借りしましょう。

ヤマレコから借りて来る

今回は今度予定してある鈴鹿セブンのデータを取り込みます。

お友達のgontaさんのデータを拝借。(いつもありがとうございます。)

右上の共有ボタンを押せばGPXファイルのダウンロードというボタンが出ます。

ダウンロードボタンを押すと本体に入ります。

取り込む

右上の↓ボタンの中にあります。

(あっこれはiOSの場合ですので悪しからず。)

開いたら暗号みたいなのが出てきます。

カシミール3Dで作ったのかな?笑

また右上の共有ボタンを押すとコピーをするアプリが出てきます。ここになかったら「その他」にあります。

今回はGarminに取り込みますので、Garmin connectにコピーを選択。

ここでジオグラフィカを選ぶなり、Wikilocを選ぶなり出来ます。

Garmin本体に送る

Garmin connectにコピーを選ぶと自動的にアプリが立ち上がりこちらの画面になります。

ここでは名前だけ変更しておきましょう。

名前を変更したら右上の保存。

右上の点3つボタンを押したらデバイスに送信とありますので選択して同期したら本体に入ります。

あとはアクティビティを開始する画面でオプションからコースで今回取り込んだコースを選べばナビゲーションが始まります。

後から取り込む方法

Garmin connectから取り込む方法です。

さっき取り込んだデータを確認します。

右下の詳細からトレーニングを選択します。

コースを選択します。

その中から取り込みたいコースを選択すると先程取り込んだ場面に戻りますので後は同じです。

右上ボタンから本体に送るで完了です。

まとめ

iOSのアップデートで色々とやり方は変わりますので、なんか違うなって思ってもあれこれやってみて下さい。

大概できます。アプリによってはGPXの取り込みが出来なかったり、アプリを選択できなかったりうまくいかない事もあります。

Garmin connectはPCからGPXを取り込もうとしてもエラーで出来ないことが最近多くて困ってましたがスマホから出来るのでまぁ良しとしてます。笑

膝の神『ひざ小僧』1日1ポチ

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ

facebook   プロフィール

お使い中のトレラン用品のレビューのご協力をお願い致します。トレイルランナーのトレイルランナーによるトレイルランナーの為のサイトです。リンク大歓迎です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です