プロフィール

Ki Trail Channelの1トンと申します。

陸上経験はなく2014年からランニング を始めました。

そんな私は平凡なサラリーマン。

小さい頃から外で遊ぶ事が好きで公園の裏山などで走り回ってました。

おかげで下りでは恐怖心も無く走れる様になりました。

昔から球技が得意で走る事は嫌いです!

小学生

小学生の頃と言えば滋賀県ではスポーツ少年団に小学校3年生から入ることが出来た。

何がきっかけだったのか覚えてないけど、友達と毎日外で遊ぶ中でサッカーが好きだった。

親からは反対されたが泣いてお願いしてサッカー部に入らせてもらった。

サッカーは鳴かず飛ばずで、センターフォワードの点取り屋だったのにそんなに得点した記憶はない。(泣)

短距離走では50m走で9秒を切ることはできなかった。くそおせ〜!

FWのくせに足がおせ〜!

使えねぇ!

マラソン大会では12位→10位→9位→7位→12位→15位やったような気がする。

すごーく曖昧な記憶なので、大体です。

短距離はくそおせ〜けど、マラソンはまぁまぁ得意だった。

中学生

中学校からはテニス部に転向。

これまた弱いチームだったので県大会にも出る事がなく、大津市の大会しか出た事がない。

そして、小学校の5年からマラソン大会の順位が落ちてる理由ですが、

太った。

幼稚園から続けていた水泳を小学校5年で辞めてからのこと。

中学3年で64kgあった。

今と大して変わらない。

身長は35cmくらい違うのに。

ただのデブです。

もちろん走る事なんて出来ず、後ろから数えた方が早かった。

走る事はもちろん嫌いだった。

高校生

テニス部に入った。

中学とは打って変わって関西の強豪だった。

1年で京都選抜ジュニアの補欠だった私がまさかの1人欠席により出場する事に!

まだ、硬式テニスを始めて半年も経ってない。

練習ではまともに打つ練習はしてなかった。

とにかく走るだけの毎日。

学校指定のシューズを3ヶ月で潰した。

始めはべべ争いだった私が夏には前の方にいて、みんな手を抜いてると思っていた。

夏合宿、コートから宿泊所までの帰りランでは部内4位まで成長。翌日から順位を落としたら筋トレの罰ゲームが始まり絶句!(結局4位キープ)

そんな私のはじめての大会はベスト32。

欠席した1人は元中学チャンプでシードだった為、そこに入れられて焦りまくった。

2回戦の相手は秋季大会本戦選手。これまたシード選手だったが辛くも勝利!(入部数ヶ月にしてテニスでの絶頂を迎える。)

とにかく走り回って拾いまくったあげく相手選手が切れて自爆した。(笑)

しかし、部活が終わって帰宅して寝るのは0時を回っていた。

大学進学の為、部活はやめた。

そしたら、体力はみるみる低下。

体育のマラソンではまたべべ人生を歩む。

高校2年の夏休み。夏なのに冬眠してたら夏休み明けには痩せていた。

そして、今の体型になった。

無事大学には進学。

大学生

大学時代はテニスサークルで普通の大学生活を歩んだ。

ただ、テニスをするだけの運動で特に鍛えたりはしなかった。

今よりモヤシのように細くて63kgだった。(中学の時より軽い。)

大学3年からは滋賀県では有名な立木山でバイトを始めた。

厄除けのお寺で、山の上にあり通勤で階段700段。

そして、仕事は山道や階段の修復や掃除。

バイトのたびに何度も階段を上り下り。

これは、効いたなぁ〜!

1番楽しいのは両手にバケツいっぱいのコンクリートを持って階段を上り下りするトレーニング。

スタミナ面ではブロア(10kg弱)を背負って落ち葉を吹き飛ばして山道や階段を往復。

混合油が無くなると頂上までダッシュ!

ちょ〜気持ちぃ〜!

今でもやりたい。楽しいバイトだったなぁ。

社会人

民間企業で潜水士になった。

なったと言っても資格は持っていたが、当分上回りの修行の身。

夏は営業、冬は現場の日々。

途中難聴になったり色々大変だったものの、潜水は好きだった。

70kgくらいまでウェイトアップしろと言われて良く食べてよく働いた。

上半身が大きくなる。(今はこれが邪魔。)

潜水時、20kg〜30kgのウェイトを背負って作業する事が多い。(水中で足をつく為)

運動不足の為、出張先でたまにランニング をしていた。

でも3kmくらいで疲れるから直ぐにやめちゃう。

潜水士時代は平穏にはいかなかった。

後輩が事故で死んでしまったのだ!

改めてこの職業の怖さを感じて転職を決めた。

そして、転職した先が今のMRだった。

全くの異業種だったからこれまた大変。

その4年後、2014年に誘われたのが能登万葉の里マラソンだった。

エントリーしたからには練習しようと思い1/21から練習を始めた。

1週間でいきなり100km。その次の週も100km。と繰り返していたら腸頸靭帯炎になった。

おかげでレースは後半に痛みが出て死亡。

初マラソンは4時間25分だった。

悔しくて、走る事を続けた。

完治には3ヶ月かかった。その後、ストレッチの重要性を感じて怪我は減った。

2014年10月第一回五箇山トレイル20kmでトレランデビュー!

ここでハマってしまった!(笑)

めちゃめちゃ気持ちよかった!

でも、足つりまくりでキツかった!

それが心地よかった!(ドMいや、ドS!?)

1ヶ月後には中能登トレジャートレイルに出ていた。30kmのトレイルに不安があったがなんとか完走。

鏑木さんお茶目。

ウルトラマンみたいなサロモンの服に憧れたけど、まったく似合わないのでこれで封印。

鏑木さんはすごく良い人だった。

素人感丸出しの私にも優しく写真を撮ってくれた。(服装からして、なんちゃってトレイルランナー感が痛い。)

この日持った夢が鏑木さん監修UTMF完走だった。

それから4年後2018年ついに、完走した。

「鏑木さん!あの日誓った目標果たしました。」

そして、いまウルトラランナーの道を歩みだす。

記事の更新情報はFacebookでお伝えしています。下記リンクから「いいね!」してくださいネ。

FB: http://m.facebook.com/kitrailchannel/

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ
トレランランキングサイト